作成日:2019/03/26

わんちゃんの消臭ケア!安心な消臭方法を徹底分析

はじめに

ワンちゃんを飼っていてる人ならば、一度は感じたことがあるであろうワンちゃん特有の獣臭!
今回はそんな匂いの原因や対処方法についてご紹介させていただきます。

 


ワンちゃんの匂いの原因

【口臭】

ワンちゃんの口臭や口回りの匂いは主に食べカスの匂いが原因だとされています。
特に小型犬や短頭種など、歯の隙間や口腔内が狭い犬種のわんちゃんは注意が必要です。
人間に比べて虫歯になりにくいとは言え、定期的にケアをしないとさらなる病気に繋がる恐れがあります。

【体臭】

犬の体臭は、人間と同じ汗腺の匂いや犬特有のフェロモンなど様々あります。
汗腺というのは、汗の事で主にエクリン汗腺やアポクリン汗腺の事です。
人間だけと思われがちですが、わんちゃんもこの汗はかきますので十分注意してください。

またフェロモンの匂いと言うのが犬特有の獣臭と言われている匂いです。
この匂いはマーキングの際に自分の匂いだと認識させるために重要な臭いでもあります。
これらの匂いは体全身からするので匂いが溜まりやすいと言われています。

【うんち臭】

この匂いはどうしてしてしまいます。
食べるものによって匂いや硬さ形状など様々ですが、炭水化物をあげ過ぎてしまうと消化が遅れて、
通常よりうんちの匂いが溜まりやすいので注意してください。

 


誰でもできる消臭方法

食べた後のお口のケア

ご飯を食べた後、食べカスが残ってないか確認してあげて、残っていた場合は取り除いてあげましょう。
毎日、歯を磨くや取り除く事が面倒であれば犬用のガムなどを与えてケアをするだけでも大分変わってきますので試してみて下さい。

散歩の後の体のケア

お散歩や遊んだ後は汗をかくかと思います、毎日シャワーだと手間や犬種によって皮膚が傷ついてしまう恐れがありますので、少し濡らしたタオルなどで全身を拭いてあげるなどをして匂いを防止してみて下さい。
犬種によって変わってきますが、シャワーを浴びせる場合は1か月に1回、2回程度でも十分に匂いが取れますので実践してみて下さい。

トイレの後のケア

トイレをした後は確認してあげてください。
残りがついていたり、毛などについていた場合は拭いてあげましょう。
トイレの後のケアと言っても見てない間にトイレをする場合もあります。
なのでどうしても、すぐにケアをしたいと言ってもできない場合が多いです。
ですが、トイレの後のケアと言うのは気づいた時にできれば、十分なケアと呼べますので心がけてみてください。

 


 

最終手段はこれ!

もし上記のケアでは「匂いが取れない」という事であればこちらなどをお試しください。

 

【小さなお子さんがいる家庭でも安心な商品がこちら】
除菌消臭・野菜洗浄剤『SHELLISTA(シェリスタ)』

こちらの商品は100%天然素材で作られている他、
「食品添加物」として北海道薬剤師会公衆衛生検査センターから認定を受けているほど、
衛生面に気をつけた消臭スプレーとなっております。
また、除菌や抗カビ効果持つ貝殻焼成カルシウムという物質を用いているので菌の繁殖を抑えてくれます。
わんちゃんだけでなく、私たち自身さえ安心安全に利用できる商品となっておりますので是非、利用してみてください。

【ご飯に混ぜるだけで虫歯や口臭ケアができる】
ペットの口腔・腸内ケア【Lovely B(ラブリービー】

こちらの商品は普段あげているご飯に、混ぜるだけで虫歯や歯垢を防いでくれる商品となっております。
その理由は、ブリス菌と呼ばれる乳酸菌を利用していてこれらが虫歯や歯垢を防ぎ、健康な状態で維持してくれる成分を配合している為です。
こちらの商品は粉末状なうえ無味無臭なので、わんちゃんが嫌がる事もなく、自然とケアできる商品となっております。

【早く効果が欲しい!強力消臭を求めるならこちら】
強力消臭【カンファペット】

こちらの商品は強力消臭・強力除菌だけど、ペットの目や口に入っても安心安全な消臭スプレーとなっております。
こちらの商品では匂いの成分を分解して、無臭化します!
シュシュッとするだけでお洗濯したようにすっきりさわやかで、ソファやマットなど頻繁に洗えない布製品についた匂いさえ無臭化してくれます。
急に来客が来る!となってもすぐに消臭できますので一度、利用してみてください。

 


 

おわりに

今回はわんちゃんの匂いの元から、その消臭ケア方法までご紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?
匂いは時間をかけて定着するので、これらのケアをしたからと言って直ぐに匂いが消えるという事はほぼありません。
しかし、ケアを行う事で、匂いが少なくわんちゃんや私たちにとってもストレスフリーの生活環境が待っていますので是非、実践してみてください。

この記事に関するタグ

TOPへ