イングリッシュコッカースパニエル

未分類

イングリッシュコッカースパニエルの特徴

イングリッシュコッカースパニエルは長毛、垂れ耳の中型犬で、がっしりとした骨太の体格をしています。
体高が体長よりやや長く、洗練された見かけによらず、スポーティな足取りで力強く歩きます。
体高はオスが39~41cm、メス38~39cm、体重は約12.5kg~14.5kgが標準とされています。

イングリッシュコッカースパニエルの性格

イングリッシュコッカースパニエルは明るく元気な遊び好きで、体力があります。
飼い主には従順で、家族には愛情深く接しますが、やや繊細です。

イングリッシュコッカースパニエルの毛色

イングリッシュコッカースパニエルにはブラック、タン、ローン(地色と混ざっていること)、レッド、オレンジ、レモンなどの単色と、これらのバイカラーがあります。

イングリッシュコッカースパニエルの歴史

イギリスには古くから土着のスパニエルがいました。そのうち、ランド・スパニエルと呼ばれる陸地での猟に使われていた犬たちの仲間が、イングリッシュコッカースパニエルの祖先と考えられています。
様々な役割を与えられる猟犬の中でも、イングリッシュコッカースパニエルの仕事は、ひそんでいる山鳥を飛び立たせ、撃ち落とされた鳥を回収することでした。
もともとは、イングリッシュスプリンガースパニエルと同じ犬種とされていましたが、大きさの違いが猟における役割の違いとなっていったため、1892年、イギリスケネルクラブは、この犬種を別の犬種として分けることになりました。

その後、イングリッシュコッカースパニエルはアメリカにわたりますが、独特のウェーブのある長毛と小型でしっかりした体つきが好まれ、愛玩犬らしい改良が施されました。
獲物を回収するために長くできていた口先は小さくなるように、毛並みはより装飾的に、頭は丸く、サイズはより小さくと、猟犬らしさをそぎ落とそうとしましたが、これにイギリスの愛好家たちが異を唱えました。
2つの国の愛好家たちの意見には折り合いがつかず、アメリカにわたって選択交配が進められたイングリッシュコッカースパニエルたちは、アメリカンコッカースパニエルとして独立することになりました。アメリカでは逆に、アメリカンコッカースパニエルこそが本筋であり、イングリッシュコッカースパニエルは亜種であるとして、アメリカンケネルクラブへに登録されたのも1946年と比較的最近です。
しかし、今日においても、アメリカ以外の国では「コッカースパニエル」と言えばイングリッシュコッカースパニエルを指します。

イギリスでの名称には「イングリッシュ」はつかず、代わりに犬種団体名に定冠詞Theがついて、われわれこそコッカースパニエルの本流であるとアピールしているかのようです。
名称の元となったコッカーとはヤマシギという鳥を意味し、ヤマシギ猟に使われるスパニエルという意味でこの名がついています。
日本では長い名称を縮めた愛称として「インギー」と呼ばれることも多くあり、対するアメリカンコッカースパニエルを「アメコカ」と呼んでいます。

ピックアップ記事

関連記事一覧

;