犬種一覧|イングリッシュスプリンガースパニエル

未分類

イングリッシュスプリンガースパニエルの特徴

スッと伸ばした首にしっかりとした頭部、大きな垂れ耳が特徴のイングリッシュスプリンガースパニエル。ウエーブが付いた長い被毛に覆われています。
中型で、体高より体長がやや長く、がっちりした筋肉質の体です。手足を伸ばして大股に優雅に歩く独特の歩様を見せます。アーモンド形の目は濃いヘーゼル色で、薄い色は好ましくない事から、
猟犬としてはケガ防止のため断尾されますが、近年は家庭犬として飼育されることが増えているため、断尾せずに飼育されることも多いとされています。
標準的な体高はオス51cm、メス48cm程度、体重は体高とのバランスを重視しています。

イングリッシュスプリンガースパニエルの性格

明るく活発で、注意力と辛抱強さがあり、賢い犬です。服従心も強く、のみ込みが早いので、トレーニングしやすくしつけにはとても向いています。
基本的には穏やかですが、熱中すると興奮しやすくなります。
人には慣れていきますが、ほかの犬に対しては友好的とは限りませんので注意が必要です。

イングリッシュスプリンガースパニエルの毛色

レバー&ホワイトまたはブラック&ホワイトです。白い部分にスポットが散らばったり、タンのマーキングが入ることもあります。

イングリッシュスプリンガースパニエルの歴史

スパニエルと呼ばれる犬種や猟犬の中でも、特に古い歴史をもつのがイングリッシュスプリンガースパニエルです。その起源は14世紀頃にスペインからイギリスにわたり、16世紀には陸地で猟犬として働いていたランドスパニエルが原型であるといわれています。
鳥猟を得意とし、走るスピードが速く、隠れている鳥を飛び立たせたり、撃ち落とされた鳥を回収したりと、優れた能力を発揮していました。スパニエル種としては大型であるため、鷹などの大型の鳥をも勇敢に追い込み、回収することができたことから、ハンターのあいだでは重宝がられていました。

19世紀に入ると、猟を好む貴族などのあいだで、この犬種の改良がはじまりました。中でも、イギリス貴族のノーフォーク公爵はこの犬種の育種と普及に力を注ぎ、多大な影響を与えました。それ以降、本種は「ノーフォーク・スパニエル」と呼ばれるようになりました。
さらに19世紀後半になると、それまで一つの犬種であったイングリッシュコッカー・スパニエルと分けられることになります。イングリッシュコッカーの方はサイズが小さく、スプリンガーとは大きさで分けられて、それぞれのサイズで固定されるようになりました。
そして20世紀に入る頃には、スプリンガー・スパニエルという名称が与えられ、イギリスで正式に別の犬種と認定された後、アメリカやカナダへわたることになりました。
「スプリンガー」は、ばねのように弾むという意味と、驚かせるという意味があり、この犬の弾むように走る姿や、獲物を驚かせて追い出す時のしぐさなどから採られた名前のとされています。

現在でも現役の猟犬として使われており、またドッグショーの華やかな舞台でも人気の犬種として、世界中で愛されている犬種です。


ピックアップ記事

関連記事一覧

;