ジャックラッセルテリアの体重 適正と肥満

犬の健康/犬の美容
Spreadshirt

ジャックラッセルテリアは、好奇心旺盛で活発な性格です。

もともとは、キツネ狩りのために作られた犬種で、足も速くて知能の高いことが特徴です。

本来は野外で活動する活発な性格なため、家で飼って運動不足になってしまうと慢性的な肥満の原因になってしまいます。

そこで今回はジャックラッセルテリアの健康を維持するための、体重の適正と肥満についてご紹介します。

関連記事
>> ジャックラッセルテリアは長寿犬種!寿命を延ばす方法!

>> ジャックラッセルテリアの体重 適正と肥満

ジャックラッセルテリアの体重 適正と肥満

ジャックラッセルテリア

理想体型

ジャックラッセルテアリアの理想体高は25cm~30cm。

体重は5kg~6kgとされています(ジャパンケンネルクラブによる)。

適正体重

理想体型から計算すると、体高5cmに対して体重は1kgとなります。よって、体高25cmの犬の適正体重は約5kg、体高30cmの犬の適正体重は約6kgということになります。

では、具体的な体型について詳しくご説明します。

犬のダイエット
>> 犬の肥満は危ないの?犬のダイエット方法をご紹介

ジャックラッセルテリアの体型の見分け方

ジャックラッセルテリア

やせ型

外から見て肋骨や骨盤が観察できる。

腰のくびれやお腹のつり上がりがわかる。

また、触ると脂肪を確認することができず、骨が浮いている為皮の下に骨格がある印象を受ける。

やややせ型

触るとすぐに肋骨がわかる。

上から見ると腰のくびれやお腹のつりあがりがすぐにわかる。

理想体型

触ると肋骨と脂肪がわかる。

上から見ると、肋骨の後ろに腰のくびれを確認することが出来る。

横から見ると、お腹のつりあがりがわかる。

やや肥満型

触ると肋骨と脂肪がわかるが、少し脂肪が多い。

上から見ると、肋骨の後ろに腰のくびれは観れるがはっきりはしていない。

お腹の吊り上りはややわかる。

肥満型

全体的に厚い脂肪に覆われていて肋骨を簡単に触ることは出来ない。

腰からしっぽにかけても脂肪がついており、腰のくびれを確認することはほとんどできない。

おなかは垂れ下がっていて吊り上っていない。

ジャックラッセルテリアは、活発で体力もあります。運動することが大好きな犬種なので、少し太ってきたと感じたら出来るだけ運動させてあげるようにしましょう。

餌の選び方
>> 正しいドッグフードの選び方

>> 失敗しないドッグフードの選び方 犬を飼い始めた初心者さん必見!

愛情たっぷりの手作りを
>> 愛犬にあげる手作りご飯、手作りおやつがオススメな理由

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました