ジャックラッセルテリアの毛色と変化

犬種について/犬の毛色

ジャックラッセルテリアの色のベースは白です。ベースの白に数種類の色の模様があります。

元々狩猟用品種としてイギリスで改良を受けたジャックラッセルテリアは、猟銃による誤射を防ぐため白をベースとしており、全体の白の割合が多い良いのです。

また、公認の雑種と呼ばれる様に、ジャックラッセルテリアには複雑な交配の背景がおり、イギリスルーツとオーストラリアルーツが居る為、外見もバリエーションに富んでいます。

全く同じ模様の犬はいないのではないかと思う程に、色んな模様が存在します。

今回は、ジャックラッセルテリアの毛色とその変化について、ご紹介しましょう。

関連記事
>> ジャックラッセルテリアは長寿犬種!寿命を延ばす方法!

>> ジャックラッセルテリアの体重 適正と肥満

ジャックラッセルテリアの3つの毛色

ジャックラッセルテリアの代表的な毛色として『ホワイト』『ブラック』『タン』の3種類があります。

『タン』とは、茶色のことです。一口にタンと言っても、濃い茶色や薄い茶色など様々な濃淡があり、一概にこれといった茶色はありません。

この三種類の毛の色から大きく下記の様に分類されています。

ホワイト&タン

ジャックラッセルテリア

ジャックラッセルテリアの中でも一番多いのが、このホワイト&タンです。全体的にホワイトの部分が多く、タンが部分的に入っています。

タンの色は、濃い場所や薄い場所があって同じ模様の犬は無いのではないかというくらいに豊富です。

ホワイト&ブラック

ジャックラッセルテリア

タンの部分が完全に黒い毛になっている個体です。

写真の子は少しタンが入っていますが、イメージはし易いのではないでしょうか。

毛がはっきりとした白黒に分かれる為、非常にシャープでかっこいい印象が出ます。

トライカラー

ジャックラッセルテリア

ホワイト・ブラック・タンの全色が入ったジャックラッセルテリアです。

ホワイトの部分が最も多いのですが、ブラックとタンの両方の色が交じり合ってって配色されています。

また、紹介した三種とは別に完全に全身が白の『ホワイト』の種類もありますが、非常に珍しい為取引価格が上がります。

年齢による色の変化

ジャックラッセルテリアの色は、成長すると共に変化していきます。

一般的には、タン色が薄くなり、顔の柄が少し広がってきます。

また、ブレーズと呼ばれている、左右の耳や目の部分にタンなどの色が入り、目と目の間、おでこから鼻にかけての白くなった部分が狭く(細く)なっていきます。

成長して変わっていく

ジャックラッセルテリア

ジャックラッセルテリアを選ぶ際、子犬の時と成長していった後の毛の色が変わるという事を覚えておいてください。

ジャックラッセルテリアは、成長と共に毛色の変化を楽しむこともできます。

活発で頭がいいだけではなく、外見の変化を楽しむことが出来るジャックラッセルテリアは、魅力満載なのです。

スポンサーリンク

コメント

  1. I want to to thank you for this fantastic read!! I definitely loved
    every bit of it. I have you book-marked to look at new stuff you post…

  2. This is very interesting, You are a very skilled
    blogger. I’ve joined your rss feed and look forward to seeking more of your
    great post. Also, I’ve shared your site in my social networks!