作成日:2018/04/20

チワワのお留守番は大丈夫?上手にお留守番させるコツ

はじめに

チワワはとても小さくて、大きな瞳でいつもうるうるしているから、外出するときは心配になりますよね。

犬種に苦手な犬もいますので、チワワが落ち着いて待ってくれることが出来るのか気になります。

そこで、チワワが上手にお留守番できるコツをご紹介します。

 

チワワのお留守番事情

○チワワは静かにお留守番できるの?

どの犬種にも共通することですが、犬はお留守番が苦手です。

しかし、チワワは比較的留守番の得意な犬です。

ただ、しつけで甘やかしすぎると無駄吠えをしてしまうなどわがままになってしまいます。

ですので、しっかりとしつけをしていれば学習能力が高いのでおとなしく待っていてくれます。

慣れてくれば、長時間のお留守番も出来るようになります。

 

チワワを長時間お留守番できるようにしよう

○チワワに長時間お留守番させるには?

チワワは自立心が高いことからそこまで苦手ではありませんが、それでも飼い主が出かけていなくなってしまうとストレスを感じてしまいます。

ですので、お留守番慣れさせることが重要になってきます。

それでは、お留守番に慣れさせるコツをいくつか紹介していきます。

 

○出かける前に一度散歩に行く

愛犬にお留守番させる前には一度散歩にいくのをオススメします。

長時間お留守番させると先程も述べた通りストレスを感じてしまうため、リフレッシュするにはとてもいいでしょう。

 

○チワワの視界から何度かいなくなる

普段からチワワの視界からいなくなることでチワワのお留守番トレーニングになります。

慣れてきたと感じたらいなくなる時間を長くしましょう。

こうしていくことでチワワがお留守番に慣れてきます。

 

○犬のハウスであるゲージの環境を整えてあげる

お留守番中にチワワにどこで過ごしてもらうことはとても重要になります。

愛犬用のサークルやマイベッドエリア、あるいは犬が入っても問題がない部屋などで大丈夫です。

一匹だけでも安心していられるように過ごさせることが、お留守番に慣れさせる上で大事なことです。

また人間もそうですが暇になるといろいろなことを考えてしまいます。遊びや睡眠に集中させましょう。

 

○日替わりでおやつをあげてみる

お留守番をさせる際に、いつも同じおやつにしてしまうと、チワワは「このおやつが出るときは留守番」と気付かれてしまいます。

それを勘付かれないためには、日替わりで別のおやつをあげてみましょう。

そうすることで気付かれずにお留守番させることが出来ます。

 

○一人遊びに慣れてもらう

チワワがお気に入りのおもちゃで遊んだり自分より小さな虫をみていたりと「一人遊び」が得意な犬は、飼い主が外出しても退屈せず、寂しさをあまり感じません。

頭を使うようなおもちゃよりも、夢中になれるようなおもちゃを与えて様子を見守ってみてください。

もちろんチワワが飲み込めないおもちゃであることと簡単に壊れない耐久性があるおもちゃを選んであげることが大事です。

飼い主が近くにいるのにひとり遊びを始めたら、留守番の練習してみましょう。

 

○電気・テレビ・音楽をつけておく

お留守番中のチワワに寂しさを感じさせない方法として「少し暗めの照明」「ラジオ」「リラックスできる音楽」が良いといわれています。

しかし、こちらには個体差があるため、逆にこれらが不安になってしまうということもありますので愛犬の好みに合わせましょう。

 

○お留守番をさせるときの注意点

トレーニングをしないで急に長い時間お留守番させてしまうと、とても寂しがってしまいます。

それがトラウマとなってしまい、そして一度トラウマとなると、外出の度にその不安に襲われてしまい、吠えたり暴れたりと攻撃的になってしまいます。

また、甘やしすぎてしまうとわがままな性格にもなってしまうので注意しましょう。

 

まとめ

このように、愛犬に良い環境そしてしつけと慣れがとても重要になります。

時間をかけて訓練すれば最大12時間ぐらいはお留守番ができるようになりますので、しつけのポイントをしっかりおさえてお留守番をさせましょう。

この記事に関するタグ

TOPへ