トイプードルの色は全部で何色?カラーによって性格が違う!?

コラム

テディベアのような愛らしい見た目と人懐っこい性格、更に飼いやすさも相まって、非常に高い人気を誇るトイプードル。

他の犬種に比べて、毛色の種類が豊富で、その毛色によって見た目だけでなく、体質や性格が微妙に異なることも特徴のひとつです。

同じトイプードルでも毛色で違う特性になるので、どの色にするか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

今回は、そんなトイプードルの豊富なカラーバリエーションについてご紹介いたします。

トイプードルの色は全部で14色!カラー毎の特徴とは

現在、ジャパンケンネルクラブ公認のトイプードルの毛色は、全部で14色となっています。

トイプードルの基本の毛色はホワイト、ブラック、ブラウンで、この3色の交配を繰り返し、様々な中間色が誕生しています。

具体的な色の種類は、ホワイト、ブラック、ブラウン、レッド、アプリコット、クリーム、ベージュ、カフェオレ、シャンパン、シルバー、シルバーベージュ、シルバーグレー、ブルーとなっています。

今回は、この中から代表的なカラーについて特徴をご紹介します。

○レッド

特徴:日本語の厳密な赤というよりは、赤茶色に近く、その毛色からテディベア感も強いのでとても人気のタイプです。
もこもことした質感と、ぬいぐるみに居るような愛くるしい赤茶色は老若男女問わず、スタンダードに愛されるタイプですね。

性格:陽気な性格に、元気でやんちゃなので、初心者にも飼いやすい性格と言われています。

○ブラック

特徴:ホワイトやブラウンと並ぶ原種3カラーのうちの1つです。毛量が多く、しっかりした毛質です。
また、運動能力が高めの個体が多くとても賢いです。イメージは狩猟犬といった感じですね。原種の黒はとても落ち着いた色で気高い感じがあります。

性格:忠誠心が高く、賢く落ち着いた性格で、とても精神的に安定しています。

○ホワイト

特徴:ブラックやブラウンと並ぶ原種3カラーのうちの1つです。上品で美しく透き通る様な見た目で人気です。
スタンダードカラーなだけあって、他の毛色より値段が安くなっている場合も多く見かけられます。

性格:社交的で明るい性格です。個体によってはブラックよりもやや警戒心が強い一面も。

○ブルー

特徴:ほとんどブラックですが、よく見るとブルーがかっており、綺麗なツヤがあります。毛色の光沢から美しくほのかに光るで、

性格:性格はノーマルで飼いやすいと言われています。

○グレー

特徴:生まれた時は黒に近いですが、成長過程でグレーに変わって来ます。毛質は細いです。

性格:中間色なので、性格が二分し、協調性があるタイプとないタイプがいます。

○ブラウン

特徴:基本のカラーの一つです。親しみやすい色味です。

性格:マイペースで独立心があるので扱いやすい性格をしています。

○アプリコット

特徴:レッドを薄くした色で、人気があがってきている注目カラーです。

性格:レッドと同じく陽気でやんちゃな性格です。お子さんと遊ぶにはうってつけの性格ですね。

○クリーム

特徴:アプリコットをさらに薄くした色味です。年齢とともに退色をし、ホワイトに近づきます。毛質が柔らかく、緩やかにウェーブしている子が多く、ぬいぐるみ感が高いです。

性格:マイペースで個性的な性格です。ややわがままだったり甘えん坊だったりするため、いくら可愛くても適切に指摘が必要なタイプです。

○シルバー

特徴:生まれた時はブラックに見えますが、成長と共に美しいシルバーになります。毛が細いです。
最近増えてきた比較的新しい毛色です。珍しい為、拘りのある飼い主さんに人気があります。

性格:中間色なので、性格が二分し、協調性があるタイプとないタイプがいます。

まとめ

トイプードルは毛色によって特徴や性格が様々ですので、自分の希望に合った愛犬を選べるのがうれしいですね。

ただ、毛色による性格の違いが必ずしも全てのトイプードルに当てはまるとは限りません。

実際のワンちゃんを見て、性格や気持ちを理解してあげてくださいね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました