作成日:2018/11/27

更新日:2018/12/11

パピヨンの基本的性格としつけのコツ【問題別】

はじめに
今回は、その容姿から老若男女問わず、安定的に人気があるパピヨンについてご紹介させて頂きます。

パピヨンの歴史

パピヨンは歴史が古い犬種であり、詳しい起源については分かっていません。
16世紀頃、フランスの貴族に愛玩犬として人気が高かった事から15世紀後半にはすでにパピヨンの祖先が
存在していたと言われています。

パピヨンの基本性格

とても賢い

パピヨンはとても賢く、全犬種の中でも上位に位置しています。
その為、物覚えが早く、しっかりしつけしてあげればとても飼いやすいわんちゃんになる事でしょう。

人懐っこい

パピヨンは元々、愛玩犬として飼われていた犬種です。
その為、とても友好的な性格をしています。
ただ、自己主張がやや強いので頑固にもなりやすいです。

好奇心旺盛で活発的

その気品溢れる容姿からあまり考えにくいですが、パピヨンはとても活発的です。
また、好奇心旺盛でもあるので散歩などでは注意が必要です。

パピヨンの体質

パピヨンの可愛い容姿の一つでもある蝶のような耳の飾り毛ですが、
実は、仔犬の時からこのような飾り毛ではありません。
成長するにつれてその飾り毛が伸びていき、個人差もありますが2~3歳には十分な長さになると言われています。

パピヨンのしつけのコツ

トイレ編

パピヨンはとても賢いわんちゃんですが、その反面悪いことも覚えてしまいます。
トイレをちゃんとできるようになる事はしつけの基本でもあり、衛生的にも早めに覚えさせる必要があります。
ですので、ちゃんと指定した場所でトイレをした場合は褒めてあげましょう。
わんちゃん自身に「ここでトイレをしたら褒めてもらえる」と思わせられるようにしましょう。

吠え癖編

パピヨンを飼っていて苦労した人も多いのではないでしょうか?
活発な性格から吠える事も多く、パピヨンを飼う際に最も大変なしつけとも言われます。
しつけの際には「繰り返し&褒める」が重要となっています。
吠えたら、しっかり叱ってあげましょう。
この時、あまり構い過ぎないようにしてください。
そうする事で吠えたら構ってくれなくなる!とわんちゃんが思えるようにしましょう。

まとめ

今回はパピヨンの基本的な性格やしつけのコツについてご紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?
パピヨンはとても賢いわんちゃんなので間違った知識を教えないようにしましょう。
幼い頃からしっかりしつけを行い楽しいパピヨンライフを送ってください。

TOPへ