作成日:2018/04/20

ブリーダーの犬舎見学のポイント

はじめに

犬などのペットを飼う手段として、ペットショップに買いに行くという方法がありますが、より専門的な知識を持っているブリーダーから購入するという方法もあります。日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、海外ではブリーダーから購入する人が一般的な国もあります。特に、チャンピオン犬などの血統を望む方などはブリーダーから購入する場合が多いようです。

犬舎見学のポイント

ブリーダーの犬舎を見学する際に最も重要なことは、ブリーダーの話をよく聞くことです。ブリーダーはその犬種のプロです。しっかりと話を聞き、わからないところや気になる点は必ず質問しましょう。
では、犬舎見学のポイントを紹介します。

1.子犬の健康状態
まずは、健康状態が良好であるかが最大のポイントと言えるでしょう。これから長い年月を一緒に暮らしていくことになるので、長生きしてもらいたいです。そのためにも、健康な犬を選びましょう。健康状態を見極めるいくつかのポイントを紹介しましょう。
・体型・・・子犬は、多少太っているほうが良いでしょう。子犬なのに痩せていると、病気の可能性や栄養不足が疑われます。
・行動・・・歩き方や動きにおかしいところはないか、チェックしましょう。
・表情や毛並み・・・極端に元気がなかったり、目がくすんでいたり目やにが大量に出ていたら、病気の可能性があります。
・臭い・・・動物ですから、多少の臭いがあるのは当然です。しかし、口臭や耳の臭いが気になるほどでしたら、病気が疑われます。

☆犬舎の状態
犬舎は、清潔にされているかどうかの確認をして下さい。多くの動物を扱っている場所ですが、病気を予防し健康状態を維持するためには、清潔である必要があります。ブリーダーにとって犬はわが子同様の愛情を注いでいる存在です。わが子がより良い環境で生活できるように心がけていると、犬も健やかに成長することが出来ます。

☆犬についての説明
犬舎の見学と共に、その犬種のあった環境についての説明をしてもらいましょう。犬舎は、その犬の特徴に合った環境になっているのか確認できるでしょう。

☆実際の犬とふれあう
犬は、犬種によって性格が異なります。明るく活発で運動することが好きな犬や、優しくて温厚な性格で甘えん坊な犬、勇敢で好奇心旺盛な犬など様々です。更に、同じ犬種であっても性格は異なる場合があります。ご自分の希望をブリーダーに伝えて、実際に触れ合ってみると良いでしょう。

☆その他
特に血統を気にする方、チャンピオン犬などの血統をお望みの方は、親犬や兄弟犬を見せてもらうのも良いでしょう。

まとめ

ブリーダー犬舎の見学に行く際のポイントをご紹介しました。ポイントは、大きくわけて3つ「犬の健康状態」「犬舎の環境」「ブリーダーさんの愛情」です。これからわが子を託すことになるかもしれない相手には、惜しみなく情報提供をしてくれるはずなので、わからない事はどんどん質問すると良いでしょう。
では、最後にブリーダー犬舎を見学する際のマナーについてご紹介します。
最低限、犬種は絞った状態で見学に行きましょう。全く何も決めていない状態ではブリーダーも困ってしまいます。また、犬種が決まったら、犬の多少の知識は勉強しておきましょう。ブリーダーも、全く知識のない人にわが子同然に愛情込めて育てた犬を売る気にはなれないかもしれません。
犬舎の見学は1日1件にしましょう。
犬舎のはしごは絶対にしないで下さい。ペットショップに行くことも辞めてください。犬舎を歩いた靴で他の犬舎に行くことは、不衛生なので辞めましょう。

スポンサーリンク

TOPへ