ポメラニアンの多頭飼いで知っておきたいこと

はじめに

多頭飼いに憧れた事のある人は多いはず!ワンちゃんたちに囲まれる生活を想像するとワクワクしますよね。

犬種によって多頭飼いには、向き不向きがあります。果たしてポメラニアンはどうなのでしょうか?ポメラニアンの多頭飼いについてご紹介いたします。

 

ポメラニアンは多頭飼いに向いている?向いていない?

 

結論から言いますと、ポメラニアンは多頭飼いに最適な犬種と言われています。

今回はポメラニアンが多頭飼いに向いている理由と注意点などをお伝えしていきます。

 

ポメラニアンの多頭飼いに向いている理由

ポメラニアンは性格がフレンドリーで、飼育の手間も少ない犬種だからです。

またポメラニアンはソリを引く犬の血が流れていますので、協調性が高く、仲間と群れているのが得意です。

年齢も性別も関係なくポメラニアン同士でもフレンドリーな性格の犬種でしたら仲良くできます。

 

ポメラニアンを多頭飼いする場合の注意点

弟、妹が産まれてお母さんが取られてしまうような気持になった事や職場に新しく来た後輩に嫉妬をした経験はありませんか。

犬も同じ様に後輩ワンちゃんに嫉妬する事があります。特にポメラニアンはとっても寂しがり屋で、甘えん坊なので注意しなくてはなりません。

ポメラニアンに限ることではないですが先住犬が後から来た犬に嫉妬しないようにするには、犬それぞれと1対1でコミュニケーションを取る時間を確保し、格差が無いように可愛がってください。

また、犬は順位付けが大切ですので、必ず先住犬を先に可愛がるようにしてください。

先住犬のしつけができていないと、後から来た犬が悪いクセを真似する可能性があります。

例えばポメラニアンは無駄吠えが多い犬種です。無駄吠えがしっかりしつけできていないと、後から来た犬も無駄吠えをしてしまうことがあります。

まずは先住犬のしつけをしっかりと行い、悪いクセを直してから多頭飼いをしましょう。

 

ポメラニアンの多頭飼いで向いている犬種、年齢

どんな犬とも仲良くなれるポメラニアンですから、大型犬でもめげる事なく仲良くできます。

ただ小型犬と大型犬を散歩するのは、大変かもしれないですね。

年齢もあまり気にすることなく仲良くなることはできますが、老犬と幼犬では体力も違いますし遊び方も違うので、歳が近い犬の方が良いでしょう。

 

ポメラニアンの多頭飼いでさけたい犬種

どんな犬とも仲良くなれますが、ヨークシャテリアやジャックラッセルテリアなどのテリア種だけは苦手です。

クールな性格のテリア種とは多頭飼いしないようにしましょう。

 

ポメラニアンの多頭飼いはケンカしたりしないのか

ポメラニアンは自己主張が強いですが、乱暴に振る舞うことはありません。

そのため、激しいケンカもしないためオス同士で飼っても問題ないでしょう。

もしケンカを始める事があっても、コミュニケーションの一環でしていることが多いのでむやみやたらに止めることはしない方が良いでしょう。

大怪我を負うようなケンカになってしまったら、その時は止めてください。

 

まとめ

多頭飼いのメリットは人間だけでなく犬にもあります。

家の中で犬同士遊ぶことでストレス発散ができる事や仲間がいることで、心細さがなくなります。

また家の中でも社会化を図ることができます。犬を飼うのに慣れてきたら多頭飼いも検討してみて下さいね。

スポンサーリンク

TOPへ