ポメラニアンの抜け毛対策ポメラニアンの換毛期って?

はじめに

ポメラニアンの魅力は何と言ってもモコモコフワフワした被毛ですよね。

まるでぬいぐるみのようです。しかしその分抜け毛が多そうなイメージがあります。

ポメラニアンの抜け毛は多いのでしょうか?ポメラニアンの抜け毛対策を合わせてご紹介していきます。

 

ポメラニアンの換毛期はいつ?

○ポメラニアンの抜け毛は多い?

ポメラニアンの被毛はモコモコフワフワで触り心地抜群ですよね。

その被毛はダブルコートと呼ばれる毛並で上毛と下毛の二重構造になっています。

ダブルコートには寒い地域で生まれた犬に多く、防寒対策に適しています。

そのため毛量が多く、抜け毛の量も多いです。

 

○ポメラニアンの換毛期

私たちの髪の毛も特に何をしたわけでもなくフローリングや絨毯に落ちていますよね。

犬も同じように、一定の周期で発育、脱毛を繰り返します。また換毛期と言って季節に応じて着替えるように犬の毛も大きく生え変わる時期があります。

夏毛から冬毛に生え変わる秋の換毛期9月頃から、冬毛から夏毛に生え変わる春の換毛期は3月頃から始まり、1カ月程度続きます。

毛が良く抜ける換毛期は毎日ブラッシングをするとコップ1杯分くらいに毛が取れます。

最初は抜け毛が多いと心配になる方もいるかもしれませんが、着替えているだけだと思い根気強くブラッシングしてあげましょう。

また換毛期の抜け毛は温度調節に必要なことなので、抜け毛を減らすことはできません。

 

ポメラニアンの抜け毛対策

○毎日のブラッシング

抜け毛を放っておくと毛玉になります。

毛玉ができると通期性が悪くなり、ノミやダニ、皮膚病の原因になります。

可愛がっている愛犬を皮膚病から守るためにも、毎日の丁寧なブラッシングや月に1~2回シャンプーを行いましょう。

毛玉が出来ているところに気が付かずいきなりブラッシングをしてしまうと皮膚が引っ張られ犬は痛い思いをします。

それが原因でブラッシングを嫌いになってしまうかもしれませんので、まずは優しくブラッシングをしてから毛玉があるところは丁寧にほぐしてあげましょう。

飼い主さんではどうしようもない位の毛玉が出来たときは、動物病院やトリミングサロンにお願いした方がいいかもしれませんね。

 

○サマーカットは実は逆効果

夏になると短くカットされた犬をよく見かけますよね。

暑さに弱いポメラニアンは特にサマーカットにすればいいのではないかと考える方もいるのではないでしょうか。

実は犬は人に比べると皮膚が薄く紫外線や直射日光から守るために被毛があります。

被毛が断熱材の役割をしていることになりますね。夏場に毛を短く刈り上げることは避けましょう。

 

○部屋の掃除

どんなにブラッシングをして抜け毛を取り除いてあげても、多少の抜け毛は発生します。

絨毯などに絡まった犬の毛は掃除機だけでは取り切れません。

ラバーブラシやたわしで絨毯をこすってとりましょう。

服についた毛はコロコロやガムテープで取ることができます。

絨毯に絡まった毛を掃除するのが面倒だという方は、ポメラニアンの生活するスペースを絨毯ではなくフローリングや掃除のしやすい物にするのもいいかもしれませんね。

 

ポメラニアンの不自然な抜け毛は病気かも!?

不自然な抜け毛は病気のサインの場合があります。

抜け毛の原因は病気やアレルギーなど様々ありますが、換毛期で無いのに大量の毛が抜けたりツルツルの部分ができた場合は、病院に連れて行ってあげてください。

可愛がるだけではなく抜け毛も嫌がることなく面倒を見る事が大切ですね。

スポンサーリンク

TOPへ