ヨークシャテリアの爪を上手に切る方法

はじめに

愛犬を清潔にかわいく保つためには、日々のケアが大切です。ブラッシングにシャンプー、爪切りや歯磨き、耳掃除などお世話することは沢山あります。中でも、爪切りに苦労している飼い主の方が多いのではないでしょうか?そこで、ヨークシャテリアの爪を上手に切る方法をご紹介しましょう。

ヨークシャテリアの爪を上手に切る方法

☆ヨークシャテリアの爪切りの大切さ
ヨークシャテリアの爪は、なぜ定期的に切る必要があるのでしょうか?もし爪が伸びたまま放置してしまうと、爪の中にある神経や血管が爪の先端まで伸びてしまいます。すると、爪を切る際に毛細血管を切断することになってしまい、痛みを伴うのです。神経や血管が伸びてしまう前に爪を切る必要があります。

☆ヨークシャテリアの爪を切る頻度
ヨークシャテリアの場合、爪を切る頻度は2週間に1回程度がよいでしょう。タイミングとしては、シャープした後が切り易くなるのでおすすめです。

☆ヨークシャテリアの爪を切る際に注意する事
ヨークシャテリアの爪は、黒くて血管が透けて見えないため切る場所の判断が難しいと言えます。爪をよく見て下さい。前回に切った場所にうすく線がはいっているのが確認できるので、その線を目安に切りましょう。線を目印に切ると血管を切る心配はありません。

☆ヨークシャテリアの爪切りの手順
1.まずは、前回に切った場所の目印となるうすい線をさがします。
2.神経や血管に気をつけて、少しずつ切ります。目安は、横から見て肉球よりも出ている部分です。
3.先が丸くなるように整えます。
4.やすりをかけます。

注意点!
万が一、血管まで切ってしまった場合に備えて、爪を切る際には止血剤を用意しておきましょう。

始めてヨークシャテリアの爪を切るときには、不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。犬にも飼い主の不安な気持ちが伝わってしまいます。最初は、美容院でトリマーにお願いすると良いでしょう。トリマーの切り方をよく見てコツを覚えてから、ご自分で爪切りをするのも良いでしょう。もし、間違えて血管まで切ってしまうと頭の良い犬は、爪切りを嫌がってしまい爪を切るのが困難になってしまう可能性があるので、注意しましょう。

まとめ

ヨークシャテリアの爪は黒いため、始めは爪を切ることを不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。愛犬に痛い思いもさせたくありません。また、一度失敗してしまうと賢い犬は、爪切りを嫌がってしまう可能性があります。しっかりとやり方を覚えてから、爪を切ることをオススメします。

スポンサーリンク

TOPへ