ヨークシャーテリアにお散歩は必要?メリット・散歩の時間について

コラム

はじめに

小型犬ながらもエネルギッシュな犬種で知られているヨークシャーテリア(ヨーキー)。

小型犬の中でも小さい犬種ですが、お散歩は必要なのでしょうか?

今回は、ヨークシャーテリアのお散歩についてご紹介しましょう。

 

ヨークシャーテリアのお散歩の必要性とメリット

小型犬の中でも小さいヨークシャーテリアは、室内での運動だけで十分な運動量が得られます。

しかし、散歩をするメリットはたくさんあります。

 

散歩するメリット|吠え癖の抑制になる

ヨークシャーテリアは可愛らしいビジュアルをしていますが、テリア系の犬種なので警戒心が強く番犬向きです。

そのため、吠え癖が付きやすい特徴があるので、早いうちから色んな経験をさせることが大切だと言われています。

吠え癖を抑制するための方法の1つとして挙げられるのが、散歩です。

 

犬は散歩以外に外へ出る機会がありません。

外に出ることで人に出会ったり、自動車を目にしたり、家にいると経験できないことがたくさん体験できます。

このような体験を早いうちに行うことで、過度の警戒心が抑えられて吠え癖が付きにくくなるようです。

飼い主さんと1つ1つ、経験していくことで冷静に対応していけるようになるでしょう。

 

散歩するメリット|飼い主とヨークシャーテリアの信頼関係を深められる

散歩は飼い主との信頼関係を深めるコミュニケーションの場です。

スマホ見ながら、もしくは電話をしながら散歩をしていませんか?

ヨークシャーテリアにとっては、この散歩の時間が飼い主さんとの大切な時間。

短い散歩でも、コミュニケーションを取れることでヨークシャーテリアの満足度を高めます。

話しかけてあげたりするなど、ヨークシャーテリアと向き合ってあげましょう。

 

 

散歩するメリット|ストレス発散

室内での運動だけで十分な運動量が得られるとはいえ、好奇心が旺盛で活発的なヨークシャーテリアも変化のない環境が続くと、ストレスを感じることがあるようです。

室内にいるときにイタズラが増えた場合は、ストレスを感じているかもしれません。

定期的な散歩を行うことで、ヨークシャーテリアのストレス発散にもなるのでおすすめです。

また、散歩は唯一ヨークシャーテリアにとって、飼い主を独占できる時間です。

飼い主が大好きなヨークシャーテリアにとっては最高のひと時なので、散歩の時間を大切にしてみてください。

 

ヨークシャーテリアの散歩時間の目安

ヨークシャーテリアの散歩する時間の目安は、5分~10分だと言われています。

ヨークシャーテリアは膝の関節が弱いため、長距離を歩かせるのは足腰に負担がかかるので気を付けましょう。

5分~10分の散歩を1日2回行うのが理想です。

 

また、散歩の時間帯は季節に合わせるようにしましょう。

小型犬であるヨークシャーテリアは体が地面に近いため、暑い季節だと直射日光の照り返しで火傷してしまったり、寒い季節だと暖かい室内から寒い屋外に出た時、心臓に負担がかかる可能性があります。

 

夏場の散歩は、地面が熱くなる前の早朝5時~6時、もしくは地面の熱がなくなったことを確認した上で夕方に散歩を行いましょう。

また、冬場の散歩は陽が高くなり暖かくなってきた時間帯に散歩を行うようにしましょう。

 

ヨークシャーテリアのお散歩の時間の目安まとめ

ヨークシャーテリアのお散歩についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

可愛いヴィジュアルとは裏腹に活発で好奇心旺盛なヨークシャーテリア。

ヨークシャーテリアの散歩について、もう1度おさらいをしてみましょう。

 

・ヨークシャーテリアは室内での運動だけで十分ですが、散歩をさせることで吠え癖の抑制や飼い主との信頼関係を深められるので、散歩は行うようにすること。

・ヨークシャーテリアの散歩時間の目安は、5分~10分を1日2回行うのが理想。夏場は早朝5時~6時、もしくは夕方、冬場は陽が高くなり暖かくなってきた時間帯が良いとされています。

 

警戒心が強いヨークシャーテリア。

散歩を通じて、いろんなものに触れることで社会性も高かまるのでおすすめです。

飼い主とヨークシャーテリアのコミュニケーションを取る場でもあるので、散歩の時間を有意義な時間にしましょう。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました