作成日:2018/04/20

更新日:2018/04/26

優良ブリーダーを見分けるポイント!

はじめに

どの業種にも優良業者と悪徳業者が存在します。犬のブリーダーも例外ではなく、残念ながら優良ブリーダーと悪徳ブリーダーが存在しています。
時々ニュースになることもありますが、お金儲けが優先で劣悪な環境の中、母犬に大量の子供を生ませて販売する悪質ブリーダーがいます。母体のことも考えられずに悪い環境の中で生まれてきた子犬は、健康状態が良好ではなく中には疾患を持っている場合も少なくありません。悪徳ブリーダーはある特定の犬種を育てるプロというわけではなく、その時の人気が高い犬種を扱っており、犬に対する愛情などありません。子犬を高値で販売するお金儲けの道具として扱う、そんな悪徳ブリーダーが後をたちません。
一方優良ブリーダーは、子犬にわが子同様の愛情を与えて育てます。そして、愛情たっぷりに育てた子犬を適正価格で自分と同じように愛情を注いでくれる人に買ってもらおうとします。
では、悪質ブリーダーを無くすためにはどうしたらよいでしょうか?それは、私達が悪質ブリーダーと優良ブリーダーを見極める目を持ち、悪質ブリーダーから子犬を買わない事が大切です。
そこで、悪質ブリーダーから子犬を買うことを避けるためにも、優良ブリーダーを見分けるポイントについてご紹介しましょう。

優良ブリーダーとは?

実は、ブリーダーになるための特別な資格はありません。しかし、優良ブリーダーはある特定犬種のエキスパートであるはずです。ペットショップでは多くの犬種を扱っていますが、ブリーダーの場合特定の犬種である場合がほとんどです。優良ブリーダーであるか見分けるために、やっていただきたい事をご紹介します。

☆犬種の特徴について訪ねてみる
ブリーダーは特定の犬種のプロです。その犬の特徴や性格については詳しくて当然です。もし、犬舎に気になる子犬がいたらその犬の性格なども詳しく訪ねるとよいでしょう。毎日愛情を注いで育てていれば、性格やその子特有の情報を与えてくれるでしょう。血統なども訪ねると良いでしょう。母犬や兄弟犬も教えてくれるはずです。もし、質問に答えられなかった場合には、悪徳ブリーダーだと疑った方がいいかもしれません。

☆繁殖方法について確認する
通常、犬の繁殖は1年に2回です。しかし、必ずしも2回繁殖をするわけではなく母犬の健康状態に合わせて計画的に繁殖を行います。母犬の体が健康でなければ、健康な子犬は望めません。しかし、悪徳ブリーダーの場合には、出来るだけ多くの子供を産ませたいと考えて、母体のことは考えていません。母犬の繁殖計画を尋ねることは、とても重要なことなのです。

☆閉経後の母犬について
母犬は閉経を迎えると、繁殖という仕事から退くことになります。優良なブリーダーは、大役を終えた母親も大切に育てています。閉経後の母親がいた場合には、どのような環境で過ごしているのか見せてもらうとよいでしょう。

☆犬舎の見学
犬舎を見せてもらうと、優良ブリーダーであるかどうかわかりやすいでしょう。まず、優良ブリーダーであれば、必ず犬舎の見学をご家族でされることを勧めます。ほんの少しの時間でも直接子犬と触れ合うことで、相性や健康状態もわかります。清潔な犬舎で、犬達が生き生きしていれば問題ないでしょう。また、動物取扱業者の標識を掲げるのは義務です。見やすい場所に掲げられているかチェックしましょう。

☆譲渡契約書について
犬の譲渡時にはしっかりと譲渡契約書を結びましょう。譲渡後の返還や特約についても必ず確認してください。もし、契約をしてくれない場合には優良ブリーダーではない可能性が高いので購入しない方が良いでしょう。

まとめ

優良ブリーダーの見分け方をご紹介しました。犬を選ぶ際には、ご紹介したポイントをおさえてブリーダーも見分けなければなりません。これから家族の一員になる子犬を選ぶなら、健康で長生きできて相性の良い子を選びたいものです。
優良ブリーダーの見分け方の最終ポイントとして、犬の受け渡し時期です。犬の受け渡し条件として、生後60日以降であり更に1回目のワクチン接種が済んでいるのか、確認する必要があります。まだ抵抗力の弱い時期に譲渡するブリーダーは、優良とは言えません。
悪徳ブリーダーを無くすためにも、優良ブリーダーを見分けるようにしましょう。

この記事に関するタグ

TOPへ