往診専門獣医療サービス「わんにゃん保健室」が東京23区を中心に開始!

最新ニュース

株式会社B-sky『わんにゃん保健室』によるペットの問題や飼い主さんを充分にサポートする往診専門獣医療サービスが創設。

 

株式会社B-skyが運営、往診専門獣医療サービス「わんにゃん保健室」が東京23区を中心に開始しました。

これにより今まで通院が困難だったわんちゃんでも検査が可能になり、よりペットとの生活を安心して過ごしていける事でしょう。

 

ペット飼う場合に注意したい事の一つに健康管理があります。健康管理に普段から気を使っている人や動物病院などの診察で健康診断やワクチン接種、予防注射などがありこの為に年数回という定期的の通院が不可欠になっております。けれどもペットの体調や状況、家庭環境などがきっかけで動物病院に通院する事が難しいという事例も少なくありません。

普段から気遣って生活していてもペットの体調や病気など専門科にしか分からない事を見過ごしてしまっているというケースは少なからずアあるかと思います。

 

医療の進歩により、犬や猫の平均寿命が大幅に上がっている事が証明されています。

それに対し、動物病院に通院し医療を受けているペット受けていないペットには大きな差が存在しています。

この差を埋める為に、受けていないペットには通院以外で専門的な医療を供給する事が可能な往診の不可欠性が注目されているが、まだ専門的に往診医療を用意できる場所が少ないというのも重視されています。

一般的な動物病院での住診サービスは、手術や検査と平行して行う必がある為、実際に往診のみを希望している飼い主さんの意向を応える事は簡単ではありません。

そんな訳で、往診を専門的に行ってくれる専門医療サービスが重要視されています。

往診には予防医療や治療、検査などをまとめて行う事が可能な為、体調や高齢化によって自宅に居ながら抱えている苦しみを和らげる事を目的とした処置が可能になっています。それにより通院に対するストレスを激減させ、いつもの家庭環境の中で安心しながら診察を受ける事ができます。

その上、飼い主もまた普段の暮らしの中での診察に臨める為、現在まで相談をする事が難しいと感じていた人にも気兼ねなく話し合いをする事が可能になっています。医師としてもペット自体が落ち着きやすい中で診察をするをする事が出来き、ペットだけでなく飼い主さんにとっても受けやすい診療計画を設ける事が可能になっています。

この事から往診とはペットだけでなく飼い主さんとも深く関係を持つ事が出来る医療形態となっております。

 

往診を受ける手段として電話やメールを使い前もって予約を行います。その際に日時などを決め医師が往診に向かうという流れになっております。基本的には医師が一人で往診に向かいますが状態や内容によっては複数人のスタッフが同行し治療するケースもございます。

ペットによっては暴れたり、シャイで隠れたりしてしまう事も考慮する為に事前にしっかりとした診察や環境を話し合う必要があります。

 

今まで専門知識を持った医師による診察手段として病院へ通院のみだったが往診によりまた別の選択が可能なった事で、その時の状況によって治療する事が出来き、その結果からペットが健康かつ心地よい環境化の元で治療を受けられるよう目指しています。

 

今後は、飼い主やペットに対し動物取扱施設へ会員制を導入していく事を目指していき老年期に適した医療や介護施設への連携を実施していきそれに加えて医療施設が少ない地域でも安心して医療を届けられるようネットワーク環境を構築していきます。

 

【会社概要】

社名:株式会社B-sky

本社:〒111-0036 東京都台東区松が谷3-12-4マスヤビル

資本金:5,000,000円(2018年7月現在)

代表者:代表取締役 江本宏平

業種:動物医療サービス業、ペット関連商品開発サポート業

企業サイト:http://b-sky.co.jp

病院サイト:http://asakusa12.com

ピックアップ記事

関連記事一覧

;