作成日:2018/04/21

更新日:2018/06/21

犬との生活ってどんな風?犬との暮らしとは?

はじめに

犬を飼いたいと思いながらもタイミングを逸しているという方もいらっしやるでしょう。犬との生活は、想像しているよりも楽しく癒しの時間であると共に、生き物を飼うため責任も重大です。犬のお世話は、毎日散歩に連れて行ったり一日数回エサをあげたり遊んであげるだけではありません。お散歩は寒い日も暑い日も行かなければなりません。しつけをしたり、毛のお手入れも必要です。定期的なトリミングなどのお金がかかったり、病気やけがをした場合の治療費は保険がきかないため高額になる場合もあります。何かとお金もかかるのです。中途半端な気持ちで犬を飼う事は出来ないのです。犬を飼う時のメリットとデメリットをご紹介します。

犬を飼うメリット・デメリット

☆犬を飼うメリット
・毎日の犬とのコミュニケーションは、日々の生活の活力になります。犬は賢くて感情表現豊かなので、機嫌の良い時もあれば機嫌の悪い時もあり、甘えてくる時もあれば、そうでな時もあるでしょう。毎日一緒にお散歩したり、時にはお出かけをすることも出来ます。愛犬と過ごすことでより充実した毎日が送れるようになります。

・基本的に犬は、天候にかかわらず毎日散歩に連れていく必要があります。飼い主にとっても30分程度の散歩はいい運動になります。散歩は、愛犬のためだけでなく飼い主の運動不足解消にもなり健康維持に効果的です。

・犬は飼い主の事が大好きです。全身で愛情を表現してくる愛犬が側にいることで、孤独感や寂しさが軽減されるでしょう。また、犬と触れ合うことによる癒し効果もありますのでストレスも軽減されることでしょう。

・犬を飼うことは飼い主自身やお子様の成長にも良い影響を与えます。犬を育てしつけをすることで、上下関係を学んだり、社会性を身に付けることができます。愛犬のお世話をしたり可愛がることで、思いやりの心も自然と育まれるでしょう。言葉のしゃべれない犬とコミュニケーションを取ることで読解力も高まるそうです。また、子供が生後1年間犬と暮らすことでアトピー性皮膚炎にかかる可能性が減少するというデータもあるようです。

☆犬を飼うデメリット
・犬は飼い主が予想も出来ないような行動をする時があります。急いでいる時に限って、愛犬が言うことを聞いてくれなかったり、部屋のものを散らかしてしまったり、トイレでは無いところでオシッコしたり、大切なものを壊されてしまうという事もあります。

・犬は毎日のお世話が必要です。寂しがりやで留守番は苦手です。犬を飼う前と比べて、飼い主さんの日々の行動は制限されることも増えるでしょう。毎日なるべく早く帰宅して散歩に連れていったり、急な外泊はできない、旅行時にはペットホテルや他の人に預ける手間がかかるなどです。

・犬を飼うには毎月の飼育費用がかかります。エサ代、病院代、トリミング代、トイレシーツなどの備品代を合わせると、かなり高額になります。また、ブラッシングや歯磨き、耳掃除などのケアもしてあげる必要があります。こまめなケアが苦手な方は、犬を飼うのに向いていないでしょう。

まとめ

犬を飼う際の、メリット・デメリットをご紹介しました。犬を飼うことは、癒しであったりストレス解消や運動不足の解消などメリットが沢山あります。飼い主に愛情を注いでくれる愛犬との生活は、楽しい毎日になるでしょう。一方で、毎日のお世話や自分の生活のリズムが崩れるなどのデメリットも沢山あります。今回ご紹介したメリット・デメリットを参考にして頂き、犬との生活をシミュレーションして、本当に最後までお世話をすることが出来るのか判断して、犬を飼うことを検討してみてください。

この記事に関するタグ

TOPへ