更新日:2018/12/11

犬を多頭飼いする際の注意すべき事とは?

はじめに

犬好きなら一度は憧れをもつのが様々な犬種を同時に飼う、多頭飼いではないでしょうか?
ただ、憧れはありつつも実際に飼ってみたら喧嘩ばっかり!なんて事も…
そこで今回は犬の多頭飼いを検討している方にコツ注意点などをご紹介いたします!

多頭飼いのおすすめポイント

・社会性が身に付く!

わんちゃんは基本的に群れをなす動物ですので、多頭飼いする事によって、群れの中での生活ルールなどを覚えてくれます。
また、色々な犬種を飼う事により、お散歩などで自分とは別の犬種に出くわしても取り乱す事を減らしてくれます。
他にも、協調性を身につけやすいので一匹で飼われているわんちゃんより、お利口なわんちゃんが多いと言われています。

・お留守の時のストレスが減る

犬は孤独によりストレスを感じやすい動物です。
ですが、多頭飼いする事で孤独感が和らぎストレスを軽減してくれます!

・わんちゃんによって特徴や気づきが増える!

犬は犬種や性格によって態度や行動が変わってきます。
一匹だと、これが普通の行動だと思っていた事が実はおかしな行動だった!なんて事も。
これにより、犬の些細な変化や特徴に気づく事ができます。

多頭飼いの際の注意すべきポイント

・一匹に集中して愛情を入れない

どうしても、やってしまいがちなのですが、
新しいわんちゃんにだけ優しく接するという事は避けましょう。
なるべく愛情は均等に与えるように心掛けてください。
どうしてもの場合には先住犬から優しく接するように。
理由としては、多頭飼いの際に一番ストレスがかかるのは先住犬だからです。

・飼い主がリーダーである事を教える!

犬を飼う上でしつけをする事は避けては通れない道です。
しつけを行う上で重要になる事は飼い主がリーダーになる事です。
叱るときにはしっかり叱り、わんちゃんに飼い主がリーダーである事を覚えさせましょう。
この時、注意しなくてはいけないのが、一匹でも甘やかしてしまう事です。
すると、他のわんちゃんも「大丈夫なんだ!」と思ってしまい、せっかく覚えさせたしつけが無意味になってしまします。

・食事や排泄、ケージの場所をなるべく離す!

食事場所を分ける理由は喧嘩防止の為に必要で、ケージや排泄などはなるべく犬自身が最も安心したいと思った場所で行います。
ストレスと防ぐ為にもなるべく分けるようにしましょう。

まとめ

今回は犬を多頭飼いする際に注意すべき点について、ご紹介させていただきましたが、
実際に多頭飼いしてみると、とても大変だとは思いますが、それ以上に生活が楽しくなるかと思います。
2匹目以降を飼おうか迷っているのであれば是非、飼ってみてください!

スポンサーリンク

TOPへ