犬を飼う際のご近所への配慮について

はじめに

犬を飼っている方は、ご近所の方への配慮が必要です。ご近所の方へ迷惑をかけたり、トラブルにならないように、ルールやマナーをしっかりと守る必要があります。では、犬の飼い主さんは、どのような点に注意すればよいのでしょうか?

犬を飼っている人のご近所付き合いの注意点

☆トラブルについて
犬を飼っている人とご近所の方とのトラブルには、どのような事があるのでしょうか?
1.犬の鳴き声
犬を飼っている人がご近所の方とトラブルになる原因の一番最初に挙げられるものは「犬の鳴き声」です。犬に吠えることを止めさせることは、かなり難しいでしょう。しかし、早朝や夜中に過剰に吠えたり、無駄吠えをしないようにしつけるようにして下さい。
2.犬の抜け毛
犬の毛は、生え変わりの時期があります。生え変わりの時期には大量に抜けることもあり、抜けた毛が風で飛ばされて洗濯物についてしまう場合があります。ご近所に犬アレルギーの人がいる可能性もあるので、庭やベランダなどでのブラッシングは止めましょう。必ずブラッシングは室内で行って下さい。
3.犬の尿や糞の後始末
犬を庭などの外で飼っている方は、尿や糞の臭いに注意が必要です。ご近所まで臭いが届いているかもしれません。また、排泄物を長く放置すると不衛生です。なるべく早く片付けるようにしましょう。お散歩の際の排泄物も、尿をしたら水で流す・糞をしたら片付けて持ち帰るのがマナーです。
4.犬が噛み付いてしまった
犬が他人に噛み付いてしまうことは、絶対にないようにしましょう。外出時は必ずリードを付けるようにして、マンションにお住まいの方はマンション内では抱きかかえるなどして注意しましょう。万が一噛み付いてしまったら、ケガをさせてしまったり相手に迷惑もかかります。治療費の支払や賠償請求が発生したり、引越しを余儀なくされる場合もあります。

まとめ

愛犬との生活を楽しむためには、ご近所への配慮が必要です。ご近所への迷惑を最小限にとどめるために、マナーやモラルをきちんと守りましょう。

スポンサーリンク

TOPへ