犬種一覧|イングリッシュポインター

未分類

イングリッシュポインターの特徴

短毛に覆われた無駄のない筋肉質の体に、この犬種の魅力の1つであるまっすぐなしっぽがピンと伸びています。
遠くを見るようなすっきりした首、明確なストップがある頭部、やや四角いマズルで、耳は垂れています。
しっかりした体格は流線型のシルエットを描き、強さとしなやかさを両立する外見です。
大型犬としてはやや小ぶりで、体高はオス63~69cm、メス61~66cm程度が標準とされています。

イングリッシュポインター性格

人間に対しては穏やかで、愛情深く優しい性格です。
しかし、猟やスポーツの場面になると同じ犬とは思えないほどエネルギッシュに動き、素晴らしいスピードで疾走し、猟欲を見せることがあります。
活発なフィールドタイプよりも、ショードッグタイプの方がおとなしく、落ち着いた個体が多いようです。

イングリッシュポインターの毛色

全体にホワイトの毛色がベースとなり、レモン、オレンジ、レバー、ブラックを組み合わせた2色または3色となります。また、単色も認められます。鼻の色は黒から肌色まで許されています。

イングリッシュポインターの歴史

「ポインター」と名の付く犬種はいくつかありますが、単にポインターと呼ばれる場合は、このイングリッシュポインターを指します。
もともとはスペインやポルトガルなど南ヨーロッパ土着の犬がイギリスにわたり、猟犬として改良されはじめました。17世紀にはイギリスに存在したことがわかっているものの、この当時はまだ犬種として十分に固定されていませんでした。最初はイタリアンポインターやスパニッシュポインター、時代が進むとグレーハウンドやフォックスハウンドのようなハウンド系の犬、またスパニエル系の古い犬種などと交配が繰り返され、猟の能力を高められることになりました。
また、18世紀には現在のイングリッシュポインターとほぼ同じ外見にまで改良されていたことが、当時描かれた絵画や文献からわかっています。

やがて、イングリッシュポインターは、優れた猟の実力が猟師や貴族に好まれ、当時から広く飼われていたセッターと人気を二分するようになりました。しかし、猟欲の強さ、勇敢な性質が負けん気の強さとなり、やや扱いにくくなってしまうことから、セッターとの交配で穏やかな性質を取り入れられました。

20世紀に入ると、動物愛護精神の高まりでスポーツとしての猟は少なくなりましたが、その代わりに、イングリッシュポインターたちはドッグショーの場でその魅力を発揮するようになりました。
獲物を見つけた時の、しっぽを高々と伸ばして片足を上げた姿勢(ポイント)に注目が集まり、より美しく凛々しい姿になるようにと繁殖が重ねられていきます。同時に、猟欲を抑えたより穏やかな性格へと改良され、家庭犬にふさわしく飼いやすい性格になりました。

もちろん、現代でも猟がさかんに行われている地域では、猟犬として活躍しているイングリッシュポインターですが、数ではセッターや日本犬に及ばないものの、日本でも現役の猟犬として働いています。

ピックアップ記事

関連記事一覧

;