犬種一覧|ポメラニアン

ポメラニアン

ポメラニアンの性格

【甘えん坊】

ポメラニアンは甘えん坊かつポジティブな性格をしています。
遊ぶ事が好きで、飼い主に甘えてきます。
また、遊ぶことを断ってもなんどでもアピールしてくるほどタフな面も持ち合わせています。

【勇敢】

ポメラニアンは血筋がら番犬向きなわんちゃんとされています。
とても気が強く、自分より大きな犬に対しても立ち向かっていきます。
また、警戒心も高いのでしつけの際には注意も必要です。

【忠誠心が強い】

ポメラニアンはとても忠誠心の強いわんちゃんとなっております。
上下関係がしっかりできていれば飼い主に忠実なわんちゃんとなってくれるはずです。

ポメラニアンの毛色

ポメラニアンのチャームポイントでもある被毛ですが、色のバリエーションは10種類以上あります。
主に人気色のベージュやホワイト、レアカラー色のブルー混合色なども存在するなどカラーバリエーションに富んだ犬種となっております。

気を付けたい病気

【骨折】

ポメラニアンは活発なわんちゃんですが、一方で骨が細い為か骨折が多い犬種となっています。
高い位置からのジャンプなどは非常に危険となっています。
しつけの際には、ジャンプを防止するように心掛けましょう。

【脱毛症】

ポメラニアンの遺伝の病気として、まず挙げられる病気の一つです。
別称アロペシアと呼ばれていて、尻尾から胴体にかけて徐々に毛が抜けていく病気です。
毛がパサパサするのが特徴的で、早期発見が重要となっています。
見つかり次第、直ぐに獣医さんに診てもらうようにしましょう。

【膝蓋骨脱臼】

小型犬に多い病気の一つの膝蓋骨脱臼。
膝のお皿が圧迫される事でずれてしまう病気です。
特にポメラニアンは骨が細いので、放置してしまうと骨折をしてしまう恐れがあるので、おかしいなと思ったら直ぐに病院に行きましょう。

【気管虚脱】

ポメラニアンに多い、呼吸に関する病気です。
この病気は呼吸をする際の気管が潰れてしまう事で呼吸困難なってしまう病気で特に肥満体質の場合は呼吸がしずらくなる為、注意が必要となっております。

ポメラニアンの歴史

そもそも、ポメラニアンの先祖はサモエドというわんちゃんで、主に寒い地域で番犬として飼われていました。
大きさも一般的なポメラニアンより大きかったが、19世紀頃にイギリスに渡った事で、愛玩犬として小型化した事によって今のような容姿になったとされています。

ピックアップ記事

関連記事一覧

;