作成日:2018/04/20

飼いやすい!初心者におすすめの室内犬とは?

はじめに

「犬は家の外で飼うもの」という時代は終わり、現代では日本の住宅事情の変化や犬の小型化など様々な条件が重なり、犬を室内で飼っている人が増えています。中には、大型犬でも空調の完備された良い環境の中で飼われている場合もあります。しかし、どんな犬種でも室内で飼うのに向いているというわけではありません。
室内犬に向いている条件は次の通りです。
1.体の大きさ
日本の住宅は海外と比べると狭いため、小型犬が向いていると言えます。
2.性格
温厚な性格な犬種が向いています。来客や宅配便の人が来るたびに攻撃的な態度の犬種はむいていません。
3.飼い主に従順
しつけしやすい賢い犬種が向いています。しつけがきちんとできないと、ご近所に迷惑をかける可能性があります。
4.運動が少なくて済む
長時間の運動が必要な活発な犬種は、室内で飼うには向いていません。運動不足にならないように、長時間の散歩をしてあげることが出来る生活なら問題ありませんが、狭い部屋で運動不足が続くと肥満や病気の素になってしまいます。

初心者にオススメの飼い易い室内犬4選

☆トイプードル
▼トイプードルの大きさ
トイプードルは、ジャパンケンネルクラブの規格では、成犬時の体高が24cm~28cm(理想は25cm)サイズの小型のプードルです。
平均体重は3kg前後です。平均寿命は一般的に12歳~15歳と言われています。
毛はくるくるとしたくせっ毛でもこもことした小柄な体で、まるでぬいぐるみのような外見をしています。
▼トイプードルがおすすめ理由
とても頭が良い犬種で物覚えが良い上く、飼い主に従順な性格なのでしつけがしやすいです。また、人懐っこく穏やかな性格をしています。その反面、好奇心旺盛で活発なところもあります。抜け毛が少なく、臭いもあまりしないのでお手入れをするのも楽です。
▼初心者が飼う時のポイント
頭が良いので、甘やかすとわがままに育ってしまいます。始めにきちんとしつけを行うことがポイントです。毛がふわふわ巻き毛なので毎日のブラッシングが必要です。トリミングは月1回連れて行って下さい。
小型犬ですが、活発な性格なので運動量は豊富です。お散歩は毎日1回~2回、出来るだけ決まった時間に30分程の散歩が理想です。

○チワワ
▼チワワの大きさ
チワワは、成犬時の体重が1.5kg~3kg、体高が15cm~23cmの大きさの小型犬です。平均寿命は14歳~18歳で長寿犬と言えます。
チワワの種類は2種類で、光沢のある柔らかい短毛のスムースタイプと、柔らかくまっすぐか、ウェーブのかかった長毛で耳の縁に飾り毛があるロングコートチワワがいます。
▼チワワがおすすめ理由
チワワは、飼い主への忠誠心が高く、甘えん坊な性格です。体が小さいため、運動は室内を走り回るだけでも十分に足ります。散歩を長時間する必要はありません。
また、食事の量も少なくて済むので食費があまりかかりません。
▼初心者が飼う時のポイント
寂しがり屋なので、飼い主が長時間留守にすると、ストレスを感じてしまいます。臆病な性格で、吠え癖や噛み癖がある場合があり、しつけが必要です。
飼い主にはとても懐きますが、他人にはあまり懐きません。

○ミニチュア・ダックスフンド
▼ミニチュアダックスフンドの大きさ
生後15カ月を経過した時点で測定した胸囲が30~35cmのダックスフンドがミニチュア・ダックスフンドに分類されます。
標準体重は4.8kg以下です。平均寿命は14歳~17歳です。胴長短足の体がチャームポイントの犬種です。被毛によって3種類に分けれ、スムースタイプ、ロングタイプ、ワイヤータイプの3つがあります。毛色も豊富です。
▼おすすめ理由とは
明るくて好奇心旺盛、活発で遊び好きな性格をしています。頭も良く順応力に優れているため、都市や共同住宅での生活にもすぐになじむ事が出来ます。

▼初心者が飼う時のポイント
体は小さいですが、元々は狩猟犬のため非常に活発な性格で運動好きです。毎日のお散歩は欠かせません。胴長短足の体型のため、椎間板ヘルニアになりやすく、肥満には十分注意しましょう。
無駄吠えする癖があるので、しつけが必要です。

○ヨークシャー・テリア
▼ヨークシャテリアの大きさ
ヨークシャー・テリアは、ジャパンケンネルクラブの規格で成犬時の体重3.1kg以下がスタンダードな犬種です。
体高は20cm~30cm程になります。平均寿命は14歳~16歳と言われています。「ヨーキー」の愛称で親しまれています。絹のような美しい被毛が特徴で、成長時に毛色が7回変わることから「動く宝石」とも称されています。
▼ヨークシャテリアがおすすめ理由
さほど活発な正確ではないため、散歩は短時間で大丈夫です。抜け毛が少ないためお掃除が楽です。警戒心が強く賢いため、番犬の役割も果たせます。
飼い主に対して愛情深く、主従関係をはっきりさせることで深い信頼関係を築くことが出来ます。

▼初心者が飼う時のポイント
美しい被毛を保つためには毎日ブラッシングが必要です。
甘やかして育てるとわがままに育つので、しっかりしつけをしましょう。吠え癖を持っている場合がありますが、しつけることで治すことが出来ます。

まとめ

犬を飼った経験のない人は、ちゃんと飼うことが出来るか?毎日お世話することができるか?不安に思う方もいらっしゃるでしょう。室内犬として人気の高い小型犬は、もちろん容姿のかわいさも理由のひとつです。しかし、それ以上に「飼い主に従順」「頭がよくしつけやすい」「病気になりにくい」などの理由があります。他にも「甘えん坊」「活発」「運動好き」などの特徴もあるため、ご自分の好みや性格にあった犬種を選ぶとよいでしょう。平均寿命は10年以上の犬種が多く、長く一緒に生活することになるため慎重に選んで、犬との楽しい生活を送りましょう。

スポンサーリンク

TOPへ