小型犬が吠える様になってしまった時のしつけ方と注意点!

しつけ

小型犬を室内で飼っているが、その鳴き声が悩みになっている飼い主さんは意外と多いものです。

今回は小型犬に特に多い、「自分の要求が通るまで吠える行為」をしつける方法について解説していきます。

吠えるわんちゃんをしつける方法 基礎知識と取り組み方

わんちゃんはそもそも吠える生き物

前提としてまず皆さんに知っておいて欲しいのが、わんちゃんたちはそもそも【吠える遺伝子】が引き継がれているという事です。

もともと犬の原種を家畜化していく過程で、番犬の役割の役割を担っていた犬たちは反応が良く、吠える個体が優秀だとして、その種が保存されるように人間が交配させてきました。

わんちゃんたちにとっては、吠えることは本能にまで刻み込まれた行為となっており、現代社会で吠える必要が無くなっているのは人間側の都合なんです。
特に小型犬は気の強い犬種も多く、吠え癖が常態化してしまうことも多々あり、これが昨今の飼い主さんの悩みの種となっていますね。

室内犬がうるさくしてしまうと、いくらペットOKの家屋とはいえご近所迷惑は必至ですので、何とか対策をしたいところですね。

わんちゃんは何か理由があって吠えている

わんちゃん達が吠えてしまう理由は、個々によって様々で、一概にこのシチュエーションだからこう吠えている、といったことはありません。

しかし、吠える行為をする際に下記のいずれかに当てはまっている可能性は非常に高く、私たちに何かを訴えようとしているのです。
その例をご紹介します。


・自分のワガママを通そうとして、構って構ってと訴えている
・縄張りを意識からくる番犬としての警告
・強いストレスを感じての恐怖や焦り
・自らの不調の訴え
・老化による認知症


こうしてみると、我々人間と同じく、何か強い要求がある際に吠えているのがわかりますね。

日常的に吠えることが習慣化してしまっている子たちは、ワガママ意識が強い傾向にあります。

毎回甘やかしていると、ご褒美が貰えると勘違いをさせてしまう。

吠え癖が付いてしまっているわんちゃん達、特に吠えた時に構ってあげるようにしてあげた子は、それまでの経験から『吠えると飼い主に構ってもらえる』という事を学習しています。

これはあまり良くない傾向で、この吠え癖を抜いていくには、飼い主との信頼関係と立場を新たに構築し直す必要があります。

『吠える=ご褒美や構ってもらえる時間』とならない様に注意しながらしつけを行っていきましょう。
必ず同じ結論に結び付くことが問題ですので。一回ご褒美で済ませた次回は、ご褒美をあげずにひたすら指導してみるなど、飼い主とワンちゃんとの関係構築・関係改善にトライして徐々に慣れていきましょう。

吠え方をしつけよう

吠え方をしつける時に気を付けなければならないのは、しかりつけてしまう事です。
ワンちゃん達は、叱られていると吠えるているという状態を結び付けて考えるのが苦手なので、しかりつけるのはあまり効果がなく、ストレスばかり増えてしまいます。

声の高さ・声の大きさ・吠える間隔・吠える速さなどが主に見るべき点となります。
室内犬の場合、別の部屋に行くと途端に吠えなくなる子もいたり、こちらの様子を常にうかがって吠えていたりしますので、『吠えた時にご褒美が貰える』といった連想をさせないようにしてください。

具体的には、『お菓子』『遊び』などがご褒美となります。
2回に1回はわざと無視してみたり、わんちゃんの満足する結果を与えないのもしつけには重要です。

飼い主とわんちゃん相互の理解を深めて、いい関係を築いていきましょう。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました