自宅での犬のブラッシングの方法【犬種別】

健康/美容

犬のブラッシング ケアについて

愛犬のブラッシング、毛や体のお手入れ、いかがなさっていますか?

犬種によっては毎日お散歩に行かれている飼い主の方も多いですよね。

外を歩くと犬の体を覆っている毛にはほこりや小さなごみ、花粉などが付いてしまいます。

肉球や顔の周りは拭いてあげればいいのですが、出来れば1日に1回はブラッシングすることをおススメします。

今回の記事では、ワンちゃんのブラッシングや体のケアについて学んでいきましょう。

こちらも合わせてどうぞ↓↓↓

人気記事 トイプードルのトリミングの頻度とは?

ブラッシングはなぜするの?

そもそもワンちゃんにブラッシングはなぜ必要なのか、実際に犬を飼っていても知らない人も多くいます。

ブラッシングの効果は、ただ毛を整えるだけが目的ではないんです。

こまめにブラッシングすることによって毛のツヤを整えることはもちろん、かゆみや毛玉の防止にもなります。

ちゃんとお手入れをすることによって、ワンちゃんとのスキンシップや定期的にブラッシングすることで皮膚病の発見にも繋がります。

毎日やってあげることで愛犬とのコミュニケーションや健康にもつながっていくのでいいことしかありません。

ぜひ、毎日ブラッシングしてあげましょう。

使用する物は?

犬のブラッシングで必要な物は、ブラシやコーム(櫛)を使います。

ブラシには色々な種類があるので、下記を参照にしながら犬種や毛の長さによって選んでみて下さい。

よく使われるブラシ

・スリッカーブラシ:ソフトとハードの2種類の硬さがあり、くの字に曲がった針金が付いていて毛玉や死毛を落とすのに効果的です。

・ピンブラシ:日頃のお手入れや毛玉を取るのに適しています。スリッカーブラシに比べてブラシの部分も柔らかく初心者向け。

・獣毛ブラシ:被毛についた汚れを取ったり、ツヤを出すのに適しています。馬や牛の毛から出来ています。

・コーム:くし型のブラシのことをいいます。主に、長毛種の被毛の毛のお手入れに使用します。

・ラバーブラシ:ゴムで出来ていてマッサージ効果や、被毛のケアが出来ます。毛の短い犬種におススメです。

【ピンブラシ】…シーズーやマルチーズなど、長毛種向け。

ピンの先は皮膚に優しい球状になっています。根元から丁寧に優しくブラッシングして下さい。

足先や耳周りまで細かく力を抜いて行いましょう。

【獣毛ブラシ】…ボストンテリアなどの毛玉の出来にくい短毛種に向いています。





獣毛ブラシはナイロン混合のものと、獣毛100%のものがあります。

獣毛100%の方が少し高いのですが、動物の毛で出来ているので静電気もおきにくく毛ツヤも良くなります。

【コーム】ブラッシングをした後に、主にシーズーなど長毛種の毛玉が出来やすい犬の被毛ケアに使用します。

根元から毛先に向けて優しくとかしてあげると、ツヤが出ます。

【ラバーブラシ】ブルドッグやチワワ、ビーグル等の短毛種に使用します。

ゴムで出来ているので、皮膚を痛めず毛を取れるので使いやすく人気です。

【スリッカーブラシ】万能なブラシで、ソフトタイプとハードタイプがあり、家庭で使用する場合はソフトタイプがおススメです。

トイプードルなどの毛が巻いているワンちゃんにも使用出来ます。

★ブラシごとの使い方や向いている犬種を書きましたが、扱うのは飼い主なので、自分の手に合った使いやすい物を選びましょう。

 

ブラッシング方法 【犬種別】

ここからは基本的なブラッシングの流れを説明していきますね!

ワンちゃんの毛の生えてる方向を見て毛並みに沿ってブラッシングしましょう。

そして、犬の被毛にはいくつかのタイプがあるので、タイプ別にブラッシングのやり方を書いていきます。

犬種とブラシについて

【ダブルコート・短毛種】柴犬やブルドッグ、ラブラドルレトリバーなど。

・顔周り…ラバーブラシを使って顔の中心から体の方に向けて優しくブラシをかけています。

・首~しっぽにかけて…首→背中、首→脇腹にかけてスリッカーブラシなどを使ってぶらしをかけて下さい。

・お腹、足先…お腹は出来れば犬を寝かせた状態で、乳首があるので丁寧にブラシをかけて下さい。

足先は、立った状態で足先に向かってブラシをかけながら細かい部分はコームで整えてあげると綺麗になります。

最後は全体をコームでとかして毛並みを整えましょう。

【ダブルコート・長毛種】シーズーやミニチュアダックス(ロング)、チワワ(ロング)など。

・顔周り…顔の中心から頭、外に向かってスリッカーブラシでブラッシングしましょう。目の周りは特に優しくして下さい。

毛玉がある場合はその部分をめくって、毛先の方から少しずつほどいて下さいね。

・首~体、しっぽ…首から毛並みに沿ってスリッカーブラシで地肌を痛めないよう優しくブラシをかけて下さい。

長毛種は毛が引っ掛かりやすいので無理にやろうとせず、丁寧に行って下さいね。

お腹や胸にはデリケートな部分もあるので、犬を横にした状態で地肌に傷がつかないようにブラシをかけて下さい。

・足周り…立った状態で先にブラッシングしてから足先はコームでとかしましょう。

長毛種は毛が長いのでお腹や足の周りは特にゴミやノミ、ダニが付きやすいです。お散歩から帰ったらチェックしてみて下さい。

最後は全体をコームでとかしてキレイに毛を整えて終わりです。

【シングルコート・短毛種】パグ、ボストンテリアやドーベルマンなど。

・顔周り…短毛種は毛が短いので、顔や目の周りは抜け毛を処理するくらいであとはコットンなどで優しくふく程度で大丈夫です。

特に目の大きいフレンチブルドッグなどはコームを使うと目に入ってケガをしてしまうので気を付けてください。

シワや鼻の周りの細かいところは綿棒で拭くのがおススメです。

・首~体、しっぽにかけて…短毛種は基本、毛玉が出来ることはないのでラバーブラシを使って毛並みに沿ってブラッシングしましょう。

パグやフレンチブルドッグは皮膚がたるんでいる部分があるので、その部分をつかんでやりやすい状態で行って下さいね。

お腹、周りも同様、首の裏側あ足りから胸やお腹に向かってブラッシングして下さい。

・足周り…他の犬と同じように、足先にむかってブラシをかけ細かい部分はタオルやコットンなどで拭いてあげて下さい。

短毛種は毛が短いので、コームやピンブラシは使わなくても大丈夫です。最後は獣毛ブラシで整えて下さい。

【シングルコート・長毛種】トイプードルやパピヨンなど。

顔の中心から外側にむかって、スリッカーブラシを使い抜け毛を処理して下さい。

顔全体をブラッシングしたら、ピンブラシで毛並みを整えて下さい。

・首や体~しっぽ…四つ足で立った状態で、首からしっぽに向かってスリッカーブラシを使い優しくブラシをかけましょう。

トイプードルなどは特に毛玉が出来やすいので無理にやろうとせず、丁寧に、丁寧に行って下さい。

お腹の方は出来れば、寝かせた状態で胸、お腹と皮膚を傷つけないようにゆっくりブラッシングして下さい。

オス、メスと乳首があるので気を付けてくださいね。

・足周り…長毛種は足の周りも毛が長かったりするのでノミやダニが付いてることもあるのでブラッシングの際は注意して見てあげましょう。

最後は全体をコームやピンブラシで被毛を整えて終わりになります。

ブラッシングのタイミング

必ず毎日しなければいけないわけではないですが、ブラシをかけることで愛犬の健康状態を知れたりコミュニケーションも取れます。

そして何より、見た目をきれいに可愛く保つことが出来るので、是非お家でのブラッシング・ケアを積極的にしてあげて下さいね。

 

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました