【防寒】小型犬の寒さ対策!注意すべき事とは?【秋冬】

特集

秋が深まって、一気に寒くなってくると、ワンちゃん達も体調に変化をきたします。

大型犬、特にシベリアンハスキーなどの寒さに強い犬種の印象、南極大陸の調査画像などで、一般的に犬は寒さに強いと思われていますが、小型犬は実はそうでもありません。

今回は、その中でも特に寒さに弱い犬種の特徴と、防寒対策をピックアップしてお送りいたします。

【防寒】小型犬の寒さ対策!注意すべき事とは?【秋冬】

寒さに弱い小型犬とは?

一般的に寒さに弱いと言われる小型犬ですが、特に苦手とされるのが短毛の犬や被毛がシングルコートの犬種です。

チワワ

チワワは元々、気温が暑いメキシコ原産の犬です。
その為、寒さにはとても弱く室内でもガクガク震える事がある犬となっています。

また、チワワは気温が寒い状態が長く続くと、免疫力の低下を起こし体調を崩してしまい、それによって様々な疾患にかかりやすくなります。

その為、チワワは室内でも寒さ対策が必要な犬となっています。

ミニチュア・ピンシャー

ミニピンの愛称で親しまれているミニチュア・ピンシャーは元々、ドイツ原産の犬ですが寒さに弱いとされるシングルコート被毛で短毛種という事もあり、とても寒さに弱いとされています。

また、ミニチュア・ピンシャーはドーベルマンを祖先の持つとされている為、飼い主以外の人がいる状況では震える事はありませんが人が居なくなると身を縮め、ゲージの隅に小さく震える事があります。

トイ・プードル

トイ・プードルは一見、もこもこの毛で暖かいように見えますが実はシングルコートの被毛ですのでとても寒さに弱い犬となっています。

また、トイ・プードルだけでなくプードル種全てがシングルコートですので寒さが苦手とされています。
トイ・プードルは一般的に室内犬として飼われるとは思いますが体温管理がとても重要な犬となっています。

ヨークシャテリア

ヨークシャテリアは長い毛に覆われていますが、こちらもシングルコート被毛で寒さに弱いとされる犬となっています。

また、体温管理が苦手な犬ですので冬の寒さだけでなく夏の暑さ管理も注意が必要です。

マルチーズ

マルチーズは毛がふわふわしていますが、シングルコートの犬です。
室内犬の中でも、大人しいので特に運動不足になりやすく体温管理が大切になっています。

小型犬が元気を保てる寒さ対策

犬用の服を着せる

気温に応じて、暖かい服を着せてあげましょう。
特にお散歩などで、でかける際には室内と屋外の気温差によって愛犬が風邪を引いてしまう恐れがありますので、冬の時期のでは外だけでなく室内であってもしっかり防寒対策をしましょう。

オシャレより性能を重視しよう!
見た目のよさで犬に服を着せるのではなく、心地よさを優先して選ぶようにしましょう。

冬の時期ではアウターやパーカーなどの服が人気となっています。

温度管理を徹底する

犬は恒温動物ですので体温を一定に保つ必要ですが、犬は体温管理が苦手な為、適度なケアが大事になっています。

人間の平均対応が36度〜37度に比べ、犬の平均体温は少し高い38度〜39度と言われています。
エアコンなどで温度を管理する場合は20度前後で設定してあげてください!

また、冬場は脱水症状になりやすいのでお水は常温であげるなど工夫をしましょう。

室内であっても適度に運動させる

犬と遊んだりして体を動かし体温をあげましょう。
寒い時期はどうしてもコタツや毛布にくるまって1日過ごすという事があるかと思いますが、寒い日こそお散歩やお出かけを行い体を動かしましょう。

体を動かす事によって血液が周り体温が上がります。
また、こちらは犬だけでなく飼い主さんも効果がありますので是非試してみてください。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました