愛犬にあげる手作りご飯、手作りおやつがオススメな理由

ドッグフード/餌の管理

最近よく愛犬に手作りのご飯やおやつを与えるという飼い主さんのお話をよく聞きます。

既製品のご飯やおやつを与えるのもいいのですが、手作りでこだわった食材を使ったものを愛犬にもあげたい。。

確かに!

人間だって出来合いの物、毎日コンビニのご飯より出来立てのご飯のほうが美味しいですもんね。

今回は、手作りペットフードやおやつの記事になります!

手作りフード

手作りでご飯を作るって栄養価とかメニューをちゃんと作れるのか、初めてだと心配ですよね?

最近ではペットの手作りご飯に関しての資料や情報も増えてきて、初めてでも挑戦しやすくなってきました。

昔だとよく人間のご飯のあまりものをあげたりしていたと聞いたことがあります。

ですが、犬にとっては体によくないものもありますよね?

ネギ類などは場合によっては大きなダメージになることもあります。

具体的にはどのようなメニューが良くて始めやすいのか見ていきましょう!

手作りのペースとレシピ

いきなり全部手作りって方はおそらくいないと思いますので、初めはいつも与えているドッグフードにプラスしていくようにしましょう。

作るペースも毎日ではなく、最初は週に1~2回くらいから始めるとノルマ的な感じにならなくていいですよ。

大切なのは愛犬のことを考えながら、飼い主さんも楽しめることが重要ですからね。

始めは、例えばいつものドッグフードに細かく切ったキャベツやカブ、ニンジンなどを乗せてあげてみる。

白身魚(加熱無し)なども良いですね。飲み込む際に引っかかってしまうので骨はしっかり取ってから上げるようにしましょう。

夜ごはんであれば、味のないヨーグルトやイチゴやバナナなどのフルーツを一緒にあげるのもおススメです。

ワンちゃんにあげても大丈夫なフルーツは↓↓↓

OK

・イチゴ・みかん・マンゴー・梨・リンゴ・スイカ・バナナ・桃などなど。。。

与えてはダメなフルーツ↓↓↓

NG

ブドウ・レモン・グレープフルーツ・プルーンなど。。。

フルーツによっては犬がもともと苦手ものもあるので、様子を見ながらあげて下さいね。

少しずつ手作りのものを足していくことで、犬も体がなれていきます。

飼い主さんもワンちゃんもちょっとずつ慣れてきたら、与えるペースを増やしてみるのもありですよ。

ステップアップしてみましょう!

じょじょに慣れてきたら加熱調理など、手を加えてみましょう。

こんぶや鰹節からとったお出汁を使ってドッグフードにかけてあげるのも、おかゆのような感じになるので良いですよ。

慣れている方だと、人間のお味噌汁を作るのに、自分たちと同じ出汁を使って愛犬のご飯に足しているなんて方もいらっしゃいます。

出汁を取るのに使った食材を細かく切って一緒に与えると、きっとわんちゃんも喜ぶはず。

注意点は、温度です。加熱調理をした物を与える時はしっかり人肌まで冷ましてからあげるようにしてくださいね!

手作りご飯のメリットとデメリット

ここで、手作りご飯のメリット、デメリットを紹介していきましょう。

メリットは?】まず、飼い主である自分がメニューや使う食材をもとに考えるので徹底的にこだわることも出来ます。

そして、犬に優しいご飯をあげることが 

出来ます。少し勉強すれば、例えば胃腸に優しいものや軟骨のケアにいいものなど。

年齢ごとや、体質にあったものをあげられます。

目的にあった素材をチョイスして作れるようにもなってくるので、飼い主さんもやっていくうちに楽しくなってくるはずです。

やればやるほど、レパートリーも増えますね!

あとは飼い主の自己満になるかもしれませんが、手作りすることで愛情をさらにかけてあげることも出来ますね。

デメリットは?】使っていい食材とダメな食材の区別を知っていないとわんちゃんにダメージになってしまうということ。

ダメな食材は以下のような感じなので参考にして下さい!

NG食材

・チョコレート・ネギ類・ニンニク・ブドウ・アボカドなど・銀杏など。。

上の食材は特に気を付けないと、最悪の場合死に至ってしまうことがあります。

イカやタコ、豚肉などもあげすぎはよくない食材とされているので、与える量には注意してください。

手作りおやつ

手作りおやつの良いところも、ごはんと同じで使う食材や品質をこだわることが出来ます。

わんちゃんの体にいいものだけをあげられるので、飼い主さんも安心ですよね。

はじめての方は、クッキーや野菜チップスから初めてみるのがおススメですよ!

ほとんど手間もかからず、必要なものや材料も多くないのでチャレンジしやすいレシピになります。

具体的な作り方なんですが、とても簡単です。

野菜チップスの場合…使う野菜はレンコンやカボチャ、サツマイモがおススメです。

薄くスライスした物を、キッチンペーパーの上で並べて水分をとばします。

その後に、180度くらいの温度に温めたオーブンで20分くらいかりっとするまであたためるだけ。

少し冷ますとさらにカリっとするので、小さめにカットして愛犬にあげてみて下さい。

ささみのジャーキー…こちらも定番おやつの一つ。作り方もとても簡単です。

鶏のささみ肉を薄めにカットしてキッチンペーパーの上で水分をしっかりとばします。

180度のオーブンで20~30分ほど焼きます。水分がとんでカリっとした状態になっていればOKです。

少し冷ましたら、小さくちぎって愛犬に与えましょう。

行程としてはどちらも同じですね。とっても簡単手作りおやつです。

他には、暖かい季節になってくると、無糖のヨーグルトを製氷皿や型に入れて凍らせてみて下さい。

ヨーグルトシャーベットになるので、このメニューも簡単でおススメですよ!

暑い季節にはワンちゃんにもきっと喜ばれますよね!ヨーグルトの乳酸菌は胃腸にも良いのでお試し下さい!!

今回は手作りご飯とおやつでさらに愛犬に愛情を!というテーマで書きました。

食を通じて愛犬との生活をもっともっと楽しみましょう。知らなかった愛犬の一面がみれるかもしれませんよ?

この他にもメニューやレシピはいろいろできるので、参考にしながらぜひチャレンジしてみて下さい!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました