トイプードルに適切な餌の量とは?

コラム

はじめに

トイプードルは成犬時の体高が24~28cm、平均体重が3~4kgの小型犬です。

平均寿命は14~17歳(人間でいうと70歳くらい)と言われています。

そんなトイプードルの年齢に応じた適切な餌の目安量についてご紹介いたします。

トイプードルの1度に与える餌の量はどのくらい?

トイプードルの年齢に応じた餌の量

1日の食事量の目安は下記の通りです。犬の体重や運動量、ドックフードによって適切量は変わりますが、犬の様子を見ながら飼い主さんは餌の量をコントロールしてあげて下さい。

成長段階の子犬時の時の方がエネルギーを必要としているので量は多くなります。

また、子犬時は消化機能が未発達なので、食事の様子を観察してあげることも大切です。

目安

2〜3ヶ月
約70g
4~5カ月約80g
6~7カ月約100g
8~9カ月約90g
10~11カ月約80g
成犬70g~120g
老犬50g~100g

より詳細に愛犬の適切量を知りたい方は下記計算式を参考にしてみて下さい。

1日に必要なカロリーを計算できる計算式もあります。

(体重×30+70)×指数=摂取カロリー/日

指数

生後4ヶ月まで0,3
生後4ヶ月〜1年2,0
成犬:避妊去勢手術済み1,6
成犬:避妊去勢手術なし1,4
肥満傾向の成犬:避妊去勢手術済み1,2
肥満傾向の成犬:避妊去勢手術なし1,4
中高齢犬:避妊去勢手術済み1,2
中高齢犬:避妊去勢手術なし1,4
減量中の犬:1,0

*数値は基礎代謝量や運動量の違いによって異なっています。

トイプードルの餌の回数は1日何回に分けるべき

子犬は消化機能がまだ発達していないので回数を分けて少量ずつ与えて下さい。

子犬(生後3か月まで):1日4回程度

子犬(生後6か月まで):1日3回程度

成犬、老犬:1日2回(朝・夜)

まだ餌の時間じゃないのに、「ご飯ちょうだい!!」と鳴きだしたり、落ち着きなく駆け回っている時は1回分の量を変えずに回数を増やしてあげてみて下さい。

トイプードルは運動量によっても餌の量を変えた方がいい

トイプードルはとっても活発な性格で運動が大好きな犬種です。

トイプードルの理想としては毎日40~60分散歩をしたいと言われています。

その為あまり運動をしていないトイプードルに前述のような餌の摂取量をあげていると肥満になる可能性があります。

あくまで目安なので飼っているトイプードルの生活スタイルに合わせて餌をあげると良いでしょう。

トイプードルのおやつは1日どのくらい

ご褒美などにあげたくなってしまうのがおやつですよね。

かわいさのあまりあげすぎるのは要注意です。

おやつの目安としては1日に与えるドッグフードのうちの10%のカロリーです。
(1日の摂取カロリー目安量÷10)

目安なので肥満気味の場合などは、おやつの量を減らさないといけないでしょう。

トイプードルの老犬の餌

肥満防止の為老犬時には量を減らしていくことを心がけましょう。

市販のドッグフードでも質にこだわったものをあげる事をお勧めします。

消化に悪く太りやすい穀物を含むものや肉だけのものは避けましょう。消化機能が低下していますので、食欲にムラがでることがあります。

その場合は、食事の回数を増やして小分けにして与えましょう。

心臓や腎臓の機能低下、代謝の低下、歯周病、がんなど病気も様々。食事を全然とらなくなって気になった場合は無理に食べさせるのではなく、病院に行くことをお勧めします。

まとめ

トイプードルが食べ残した場合は食事の量が多いことが原因でしょう。

逆に食べ終わっても食器を舐め続け、食器の周りをグルグルと回っている場合は、量が少ない可能性があります。

犬も人間と同じように生活習慣病になる場合がありますので、愛犬の様子をみながら餌の調節をしてくださいね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました