抜け毛が多い柴犬の対策と注意すべき事とは?

健康/美容

近年、飼いたい犬ランキングで上位に入る程の人気を誇る、柴犬

今回は、そんな柴犬の抜け毛対策と注意すべき事についてご紹介致します。

柴犬は抜け毛が多い?

柴犬はダブルコートと言われる被毛な為、非常に抜け毛が多い犬種です。
綺麗にカットして揃えていても、気づいたら抜け毛が床に溜まっていると言われる程、抜け毛が多いと言われています。

柴犬の抜け毛が多い時期とは?

 柴犬の抜け毛が多い時期は、主に換毛期と呼ばれる気温の変化が激しい春と秋となっています。
この時期は、どうしても気温の変化に対応する為に毛が生え変わっていく必要があるのです。

換毛期以外でも基本的には抜け毛が多くなっていますので、適度なケアが必要となります。

柴犬の抜け毛対策とは?

ブラッシング

柴犬の抜け毛対策として、一番友好的なのはこまめなブラッシングとなっています。

普段は2~3日に一回程度のブラッシングを心掛けましょう!
柴犬にとってブラッシング必要不可欠、一生付き合っていかなければならない作業となります。
長く、付き合っていく作業になりますので幼い内からストレスを与えないよう慣らしていくようにしましょう。

換毛期の柴犬はとにかく毛が抜けるので、毎日ブラッシングをしましょう。
抜け毛を放置する事は衛生的に良くありませんので、面倒臭がらず頑張りましょう。

シャンプー

適度なシャンプーを抜け毛対策として有効的な手段となっております。
シャンプーをする事で、毛が抜け清潔に保つ事ができます。

頻度は1~2ヶ月に1回程度で、やり過ぎは皮膚病のトラブル要因となります。

トリミング&お手入れ

柴犬の抜け毛対策として、トリミングやお手入れも重要となっています。
個体差はありますが、一般的に、柴犬は月1~2回のトリミングが目安となっています。

場所によっては、抜け毛コースや毛玉コースなどトリミングの際に抜け毛対策をしている所もあります。
その為、切る際にはわんちゃんの状況をしっかり確認してから切るようにしましょう。

抜け毛対策の際に注意すべき事とは?

ブラッシングの際に注意すべき事!

抜け毛対策と有効的なブラッシングですが、初心者の方がやりがちな失敗例などをご紹介します。

ブラッシングに慣れずにおこなってしまう!

初心者の方はやりがちなミスとして、いきなりブラッシングをしてしまう方などがいます。
その場合、わんちゃんはブラシに苦手意識を持ったり、ストレスを感じてしまう恐れがあります。

ブラッシングをおこなう際には、まずはブラシに慣れさせ、ゆっくりとさするようにしてブラッシングを気持ちい事だと覚えさせるようにしましょう!

ブラッシングをする際の力加減

ブラッシングの力加減、間違えていませんか?

ブラッシングをする際には、ブラシ添えてを撫でるような力加減でおこないましょう。
強過ぎると皮膚に傷が付く恐れがあり、弱過ぎてもブッラシングの意味がありません。

適切な力加減のブラッシングを心掛けましょう。

シャンプーをする際に注意すべき事!

シャンプーは抜け毛対策として友好的な手段となっていますが、やり過ぎには注意が必要です。
人間の場合、「シャンプーをする事で清潔に保たれる!」と思われるかと思いますが、わんちゃんの場合は皮膚病の原因になりますのでわんちゃんに合った頻度でシャンプーをおこないましょう。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました