そのサマーカット本当に必要?メリットと注意点

犬の健康/犬の美容

夏本番、本当に暑くなってきましたね。私たち人間も髪を切ってサッパリしたい季節。わんちゃんたちも短いヘアースタイルにしてあげたいと思いますよね。ですが、わんちゃんにとってはあまりサマーカットは良くない場合もあるんです。本日は、医者が運営するペットホテルLion Heart(ライオンハート)の入澤 翔太郎が、サマーカットについての注意点をお伝えしていきます。

そもそもサマーカットって??

わんちゃんの毛には様々な役割があります。

・体温調整

・ノミ・ダニから肌を守る

・日光や紫外線を遮り、肌を守る

など。

ですので、必ずしも毛が長いからといって暑いという訳ではなく、毛があるからこそ暑さを防げている場合もあるのです。毛がないと直接日光が肌に当たりますからね。日傘のような役割だと思ってもらえれば良いです。

だからこそ無闇に毛を短くすれば良いという訳でなく、毛の役割を満たしたヘアースタイルが必要です。

サマーカット=丸刈りは間違い?

サマーカットというといわゆる丸刈りのような全身の毛をひたすら短くするイメージをもつ方も多いようですが、サマーカットは本来、毛を少しだけ短くし、暑さに備えるという目的が主なのです。

風さえ通るようにしてあげれば、そこまで短くしなくても十分役割は果たすのです。ですが、サマーカット=丸刈りという認識をもつトリマーさんもいるようなので、トリマーさんに頼む時にはしっかりとどれくらいの長さを希望するのか、意思を伝えることが大切ですよ。

気をつけなくてはいけない注意点

サマーカットは多かれ少なかれ、毛が短くなるので、日差しの影響を受けやすくなります。

純粋に皮膚へ直射日光は体温が上がってしまいますし、熱中症の原因になってしまいます。

水浴びなどで暑さを和らげても、蒸発の際に肌が感想しやすくなってしまったり、と諸々の弊害も考えられます。

ダニやノミなどから皮膚を守る役割も当然、毛が短くなればリスクとして大きくなります。

つまり、見た目がスッキリしたとしても必ずしもわんちゃんの暑さが減っているとは限らないということです。

サマーカットをするべき期間

サマーカットはあくまで暑さに備えるための準備なので、夏の少し前、4月〜6月に初めてしまうのがオススメです。この時期は換毛期にあたるので、サマーカットが抜け毛防止にも繋がり一石二鳥ですよ。

その他のメリット!

サマーカットにすることによって得られるメリットは他にもあります。

例えば、元々毛が長いわんちゃんの場合、短めのカットを施すことにより空気の流れが良くなりますので、涼しくなります。

またシャンプーの際、お手軽に乾くので、日頃からわんちゃんを清潔に保つことがしやすいです。不潔にしていると皮膚病をはじめとした病気にかかりやすくなってしまいますからね。

もしすでに病気にかかっているわんちゃんにサマーカットをする予定なら、獣医さんに一回相談するようにしましょう。短くしすぎてしまっても帰って逆効果の場合もありますので。

最後に

いかがでしたでしょうか?

本日はわんちゃんの涼しい夏の手助けとなるサマーカットについてお話ししました。機能性だけでなく、見た目も整うと気持ちいいですよね。

ですが、誤ったサマーカットにはリスクや危険性も伴います。毛の性質やメリット、デメリットをしっかり見極めて、良い時期にわんちゃんをトリマーに連れて行ってあげると良いいでしょう。

トリマーをする場合も毛の役割をしっかり把握して、飼い主さんがしっかりと正しい注文をしてあげてくださいね。

涼しい夏を過ごせたなら、わんちゃんもきっと喜んでくれることでしょう。

【ペットホテルLion Heart(ライオンハート)について】

Lion Heartは、24時間スタッフ常駐、送迎サービス有の業界最安地を目指しているペットホテルです。

医者が経営するペットホテルでもあり、動物病院と連携しているので、何かあった場合の緊急対応も可能!

飼い主が「こんなペットホテルあったらいいのに・・・」と思うすべてのことが実現されたペットホテルですので、一度ご利用ください♪

店舗名:ペットホテルLion Heart(ライオンハート)

住所:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-23-5 リベラル高田馬場1F

営業時間:10:00~19:00

公式HP:https://pet-hotel.tokyo/

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました